VRゴーグル初体験は「酔い」で散々な目に!どれくらい酔うのか!

VRという言葉、もう皆さん一度は耳にされたでしょうか?

私旦那は、友人宅でVRを初体験しました。

その時体験したものは、まだ酔いにくいという事で友人がチョイスしてくれたカーレースもの。

カーレースといっても、実際はただ車を運転して景色を楽しめるようなものでした。

しかーし!VRを初体験した旦那は見事に酔ってしまいました。

VRはどれくらい酔うのかお伝えします。

VRとは

VRとはバーチャルリアリティーの事で、仮想現実を味わえる、つまり実物や現物をリアルに体験できるものです。

最近VRの技術が進歩し、ゴーグル型の端末を頭に装着する事で自分がその場にいるような360°の映像を楽しめます。

ゴーグルを着けている人を側から見てますと、なんかちょっと間抜けで笑えてくるんですが、いざ自分がゴーグルを着けるとそのリアルさにビックリします。

これからVRの技術や需要は格段に増えてくると思われるので、メーカー各社も日進月歩で開発が進んでいます。

VRで楽しめる主な分野は・・・

体験学習

これからは子供達の体験型の学習にVRが用いられることでしょう。

特に火災や震災など、よりリアルに体験できるので日頃の備えに活用されつつあります。

プラネタリウム系

VRは画面が360°目の前に広がる訳ですから、自宅に居ながらにして いつでもどんなプラネタリウムよりもリアルで美しい星を楽しめるでしょう。

旅行系

世界中の観光地を旅するのは無理でも、VRで擬似体験は可能です。

もちろん旅費はいりません。

ニューヨークのマンハッタンに行くもよし、アフリカのサバンナや砂漠、南極などいろんなところを体験できます。

レース系

車などのレース系もまるで自分が車に乗り込んでいるかのような臨場感!

迫力あるレースが楽しめます。

ジェットコースターなどスリル系

様々な体験が安全に行えるのでVRの分野はますます広がりそうです。

普段乗れないジェットコースターなんかも勇気を出して乗って(見て)みましょう。

VRでどれくらい酔うのか?

素晴らしい事だらけのVRゴーグルなんですが…一つ難点が!!

それは、かなり酔うという事。

実際、私旦那もけっこうグロッキーに。

私の場合まだソフトな車系のゲームをしてたんですが、それでも酔いました。

車を運転して、小さい山の頂上までゆっくりドライブする程度のゲームだったのにもかかわらずです。

時間にして10分弱。
面白いんですけどギブアップ!!

かなり酔いました。普通の乗り物より全然酔います。

画面の動きが大きいですし、それが360°ですから視覚で酔うんですね。だって揺れてませんからね。

なので酔いやすい方、初めての方は内容に注意した方がいいでしょう。飛行機操縦とかかなりやばいでしょうね。

初めは動きの少ないものから始めた方が良さそうです。

●まとめ●

VR技術はすばらしく、その可能性は無限大にあるでしょう。

学習したり、観光にゲーム!
それらが自宅に居ながらにして誰でも手軽に行える時代はすぐそこまできています。

しかし、難点はとても酔いやすい事。

なので始めは動きの少ないソフトなものから始めると良いでしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください