炭火を早く起こす方法はチャッカマン?いえいえ便利な道具はこれだ!

キャンプやバーベキューなんかに行って、男性であればサッと火を起こせたらかっこいいですよね!

でも新聞紙やら着火材やらを使っても、中々火がついてくれなくて困ってしまう…なんて事はありませんか?

今回は炭火の素早い起こし方について、またあると便利な道具をご紹介します。

炭火をおこす前に

まずは小さい炭や薄い炭を集めましょう。
それらを組み上げて、できるだけ空気に触れる面積を多くします。

そしてそれを囲むように上から大きめの炭を載せていきましょう。

ちょうど家の暖炉とか雪のカマクラのイメージですね。

中を小さい炭、外側を大きめの炭で囲います。

炭火を起こすのに便利な道具はコレだ

みなさん最初の火おこしはどうしてますか?

ライターやチャッカマンで、新聞紙や着火剤に火をつけているでしょうか?

このライターやチャッカマンって、結構イライラするんですよね!
湿気ていて中々つかなかったり、風が強くて火が安定しなかったり。。。

また、新聞紙や着火剤も火力が弱くて炭に火がつかないまま消えてしまったり。。。

そうこうしているうちにあっという間に10分20分と過ぎてしまいます!

そこで炭火を起こすのにとっても便利な道具がコレ!!

カセットコンロ用ガスと
カセットコンロ用ガスに取り付けるバーナー

 

これさえあれば炭火なんてチョチョイです。

このバーナー、先だけ取り付け可能なので、市販のカセットコンロ用のガスに装着して使うだけです。

ガス調節用のバルブを少し開いてガスの音がしたら、トリガーをカチッと引くだけで引火。

バーナーから火が勢いよく出ます。とても簡単です。

さらに、もし電源が確保できそうならオススメなのが・・・

延長コードとドライヤーです。

炭に火がついたらガスを使うのももったいないので、あとはドライヤーで延々と風を送り続けます。

するとあっという間に炭に火が勢いよく付いてくれますよ。

ドライヤーは安物で十分。
結構1000円くらいでいい風出すドライヤーとかありますからねー。

ドライヤーはあまり近づけすぎると溶けてしまいますし、連続運転は熱くなるので注意してください。

もし電源が無ければガスバーナーで少し長めに炭を燃やしておいて、うちわで風を送るのが効率的です。

ガスバーナーで、まず最初に作っておいた炭の内部を火がつくまで燃やしましょう。

小さい炭に火がついたらもうガスバーナーは大丈夫です。(もちろんめんどくさければ最後までガスバーナーで燃やしても大丈夫)

ここで注意!!⚠️

ガスバーナーは火に近づけすぎると爆発します。
また使用後はバーナーの先をガスから取って別々に保管しましょう。

お庭でBBQのススメ

簡単な七輪やミニバーベキュー用コンロがあれば、お庭でちょこっとバーベキューなんかいいですよ。

煙は出ますので風向きに注意し、近所の人に迷惑にならないようにする必要はありますが、夫婦であるいはおひとりさまでも十分楽しめますよ。

肉にウインナー、ホタテ、エビ、イカ、じゃがバター、アスパラ、きのこ、マシュマロ・・・

手軽に美味しくできるので、庭でできる人には是非オススメです。

●まとめ●

炭の火おこしに、バーナーとドライヤーorうちわは本当に便利です。

ひと夏で何回も重宝しますし、冬場でも外で火を炊く時は便利ですよ!

火の取り扱い、後始末は十分注意してくださいね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください