12月師走に事件や事故が多いのは何故?原因と気をつける事。警察もたくさん張ってるよ。

もう一年も終わりですね。本当に一年があっという間に過ぎていきます。

12月師走はいろいろと行事もありますし、忙しくなる時期でしょう。
忘年会などの楽しい行事もありますが、気をつけなければならないのは師走の事件や事故です。

実は12月師走は事件や事故が多発する時期なのです。その原因と気をつけるべき事を挙げてみます。

師走に事件が多い理由と気をつける事

飲む機会が増える

お酒が入ると楽しいものですが、中にはちょっと大変になっちゃう人がいるのも事実。

飲み過ぎたり、暴れたり、記憶をなくす人も増える時期です。

記憶をなくして気がついたら大怪我をしていたり、事件を起こしてしまっていた…なんて事も増える事でしょう。

また酔っぱらっている人はスリにも会いやすくなります。
電車の中で寝ていたりすると、格好の餌食となってしまいかねません。

しかも普段は持たない接待交遊費を財布に入れていますから、酔っぱらって無くしたり、スリにあったりしたら悲惨すぎて目も当てられません。

また飲酒運転も注意が必要です。
自分がしないのはもちろんの事、走っている車にも普段より注意が必要です。

これだけ世間が飲酒運転を撲滅しようとしても、やはり飲酒運転は中々無くなりません。
ですから飲酒運転の事故に巻き込まれないよう注意しておきましょう。

また飲み会が増えるこの時期は、トラブルも多くなります。

例え仲間の同僚ばかりだからといっても、上着に貴重品を入れたままハンガーに掛けておいたりするのは危険です。

他の客もいますし、万が一紛失した時に職場の仲間を疑わなければならないとすれば悲惨です。
貴重品は必ず身につけておくように心がけましょう。

また飲んでいる席ではセクハラ問題も多くなるようです。
いくら無礼講とはいえ、やはり後でトラブルにならないためには節度を持って楽しみましょう。

普段より多額の現金を持っている

年末は何かとお金が動くものです。

先ほどもあげた通り、飲み代を持っているサラリーマンやバーゲンに出かける主婦など、いつもより現金を持ち歩いている人が増える時期です。

またボーナスなども出て、我々一般庶民も懐事情に余裕が出来ます。

多くの人が多額の現金を持ち歩くこの時期は、強盗やひったくり、空き巣などの多発する時期です。

ですからなるべく不要な現金は持たないようにし、戸締りをきちんとしておいたり、まとまった現金は何箇所かに小分けにしておく方が無難でしょう。

またひったくりも多い時期です。

暗い夜道はかなり危険です。

ひったくりの9割は女性が被害者となり、犯人は大体自転車やバイクに乗って狙ってきます。
ですから人通りの少ない路地を夜に歩くのは出来るだけ避けましょう。

銀行、ATMなどから出てきた時には特に注意が必要です。
そこからつけられて狙われやすいからです。

また自転車などの前カゴにバッグを入れておいたりするのも危険です。
しっかりとカバンを抱えたり、たすき掛けにしたり、周囲に気を配りながら歩くようにしましょう。

携帯やスマホをいじりながら歩いていたり、イヤホンをしている無防備な人も狙われます。

いざという時に役立つ『防犯ブザー』はこちら

 

師走に事故が多い理由と気をつける事

交通量の増加

師走は普段あまり運転しないような方も、車で出かけることが増える時期です。

運転に慣れていない人はスピードも遅くなりがちです。

普段より渋滞しているのでイライラしている人も多いでしょう。

また学生も休みが増えますので、自転車やバイクもいつも以上に増えています。

普段とは違う想定外の出来事が起こりやすくなっていますので、師走の運転には特に注意が必要です。

普段とは違う行動

年末は日常とは違う予定や行事がたくさんあるので、慣れていない行動を取らなければならない場合があります。

例えば帰省するのは長時間のドライブになって、道も普段は通らない所を走りますのでどうしても危険な状況が増えてしまいます。

過密なスケジュールを組んで出かけるのは居眠り運転や事故の元ですから、ゆとりを持って十分休息できるように心がけるべきです。

暗くなるのが早い

朝晩の通勤通学タイムが薄暗い、という事も事故が多い原因です。

特に夕方は薄暗いのでとても運転しにくいです。

早めのライト点灯などでこちらの存在を相手にも知らせる事ができますし、危険を未然に防ぐ事が出来ます。

暖房でボーッとする

車を運転している人は暖房で『ボーッ』としてしまうことにも注意しましょう。

特に温風を顔にあてていると急激な眠気をもよおします。
時々空気を入れ替えたりして新鮮な空気を吸い込みましょう。

交通安全パトロール

師走は交通警戒期間に定められている所が全国的に多いと思います。

12月に入るとあちこちで警察が張っているのを目撃します。

携帯、シートベルト、一時停止…など、うっかり忘れてしまわないよう走り出す前に点検しておいた方が良いでしょう。

またお出かけする機会も増えると思いますが、見知らぬ土地でカーナビやスマホのマップなんかを見ながらの運転は非常に危険ですから、面倒でも一度安全なところに停車してゆっくり確認しましょう。

また慌てているとイライラしたり、信号無視やスピード違反を犯しがちになってしまいますので、出来るだけ予定を立て早め早めに行動するようにしましょう。

またこの時期は飲酒検問も増える時期です。
お酒を飲んで運転するのは絶対にやめましょう。
たった一度の過ちが人生を台無しにします。

●まとめ●

師走は事件や事故が1年で最も増える時期です。

1年の締めくくりに事件や事故に巻き込まれるのは残念なことです。

そうしたことを未然に防ぐためにも、気をつける点をあらかじめ知っておくと予防にもなります。

是非安全に注意して楽しい年末を迎えてくださいね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

asapon

四国在住、30歳で第一子を出産した新米ママ。 アトピーを持っていまして、現在脱ステ7年目(ステロイドをやめる治療法)中です☆アトピーはすっかりキレイになりました! 妊娠から出産、育児、アトピーについての情報を主に発信しています。