子どもが進んで勉強したいと思えるために、親ができること。

皆さんは、子どもにどのような子になって欲しいですか(*^^*)?

頭の良い子…と答える人もいるかもしれません。

進んで勉強する子になるためにはどうすれば良いのでしょうか。

 

詰め込み、受験…、今の日本の教育環境は頭を重視した勉強法であると言えます。

生徒たちはつまらない授業を受け、行きたくもない塾に行き、いやいや勉強させられどんどん頭に詰め込まれて行きます(@_@)

するとどうでしょうか?勉強がますます嫌いになり、受験が終わった瞬間にほとんど忘れてしまうのではないでしょうか。

そんなことをするために親は、高いお金を子供につぎ込んでいるのでしょうか?

「考えるな感じろ」

これはブルースリーの名台詞ですね。ほとんどの社会人が物事を考えすぎて頭でっかちになっているようです。

融通性がなく、頭でしか物を見ず、勉強のことばかり考える子供たち、そして親たち、教師たち…。

そうした教育法が今日どれほど存在しているでしょうか。

勉強の順序と言うのが間違っているのかもしれません。

 

本来人間は、知的好奇心を満たしたい時に初めて『勉強したい』と思うようになるものです。

感動したり、不思議に思ったり、ああしたいこうしたいという思いこそが、人を勉強へと突き動かしていくのです˚✧₊⁎

 

昔、『島田紳助』が言っていた言葉が深かったです(*´-`)

「頭で記憶するんじゃない、心で記憶せぇ!!」
「頭で記憶したことなんか全部忘れていく。学校で勉強してきたことなんかほとんど忘れてるやろ?でも心で感じたことは忘れへんねん。誰それが好きだったとか、友達と遊んであいつあの時ああ言ったとか…忘れへんやろ?いつでもパッと思い出せんねん。芸人ていうのは心で記憶していていかなあかんで。」

 

芸人と言うのは、しゃべる事を本業としている人たちです。

あった出来事を面白おかしくしゃべれるかどうかで彼らは生活しています。

面白くなかったら彼らに仕事はこないのです。

じゃあどうすれば面白い話ができるのか?

紳助さんはそれを感情で喋るやつだとおっしゃってました。

確かにテクニックも大事だが、感情で喋るやつにはかなわないと言っていました(v_v*)

 

つまり…人間は心に何かを感じた時に初めて「勉強したい」と思うようになるのです。

何かを知りたい、これについて物凄く興味がある!と思うことには、脳はいくらでも働いてくれます。

ほっといてもその分野でその子は伸びていくことでしょう。

 

親は子供の頭が賢くなることを目指すのではなく、子供がいかに興味を持ってくれるようになるかを考えるべきなのです。

子供が興味を持ち、やる気さえ出れば、後はほっといても学び賢くなっていくでしょう(*^^*)

塾や学校もそうです。

いやいや勉強する子供に無理矢理させようとしてもしんどいだけですが、子供に何か1つ興味を持ってもらえれば、子供は自ら勉強するようになるのです。

 

京都にある有名な高校の話ですが、その高校は東大や京大に数多くの生徒を送り込んできました。

全国から視察に来るほどの有名校です。

…しかし数年前までは全く無名の高校でした。

成績の悪い子ばっかりが集まる問題の学校で、京都からは廃止の方向に追い込まれていたようです。

そこに、ある校長が赴任し、学校のスタイルを見事に変えていったのです。

その高校が行っているのは1年間自分の決めたテーマで論文を書くこと。

どんなテーマでもいいんです。

自分が興味を持ったことをとことん調べるというのが課題です。

生徒たちが知りたいと思えば、インターネットや図書館も自由に使わせます。中には大学教授に会いたいという生徒のためにアポまで取ります。

こうして生徒は自分で調べる方法を学び、膨大な知識を身につけやがて勉強の楽しさを知っていくのです。

 

子供に無理矢理勉強させている親のみなさん。

今からでも遅くありません。方向転換してみませんか?

子供の頭のことばかり考えるんじゃなく、子供のやる気を出させる!

このことを気にかけるのです。

テレビゲームで歴史を学ぶも良し、動物園、水族館に行くも良し(o^^o)

子供の知的好奇心を刺激しましょう。

そうやって子供の気持ちを伸ばしてあげれば、子供はやる気が出て自ら学んでいきます!
後は子供に望むだけ勉強をさせてあげて下さいね(^ ^)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

asapon

四国在住、30歳で第一子を出産した新米ママ。 アトピーを持っていまして、現在脱ステ7年目(ステロイドをやめる治療法)中です☆アトピーはすっかりキレイになりました! 妊娠から出産、育児、アトピーについての情報を主に発信しています。