赤ちゃんとスマホ。画面との距離は?時間は?ルールは?気をつけること。

スマホを利用する親にとって、赤ちゃんの視力の低下も心配の大きな要因の1つです。

スマホが視力に及ぼす影響というのは、世間でも浸透し当たり前の事となっています。

スマホをする若者が若年性老眼とか、スマホ老眼とも呼ばれる症状を訴えるケースが急増しています。

確かに端末やタブレットは画面が小さく、集中して見続けなければなりませんので、目に相当な負荷がかかります。

またスマホからは、ブルーライトと言う有害な光が出ています。

長時間この光は見続けると、大人でも目に悪いと言われています。

そのために専用のメガネが出ているほど!!

視力発育途上にある赤ちゃんにとっては、これは重大な問題です。。。

赤ちゃんがずっとスマホやタブレットを見つけるような環境にあると、どんな障害が起きるのでしょうか?

また適正に使うにはどんな点に注意すれば良いのでしょうか?

スマホが引き起こす障害

スマホの画面を長時間続けることによって眼球は疲労を起こし、それが蓄積されることによって視力の低下を招いてしまいます。

実際メガネが必要とされる0.7以下の視力の子が、中学生で急増してるようです。

これは明らかに現代のスマホや携帯端末が、そしてゲームが影響しているのでしょう。

スマホやゲームの普及と比例して、視力の低下も起きているからです。

また一定の距離で単一のものばかり見ていると、目に必要な刺激を受け損ない、結果的に目の発育に悪影響が及びます。

目はただ単に視力だけ気にすれば良いのではなく、物を立体的に見る力や、眼球を動かす力など…いろんな機能が関係しています。

スマホなどの画面は立体的に見えても全て平面です。

そういった情報しか赤ちゃんが受けないとすれば、赤ちゃんの視覚の発育にとって重大な影響が及びかねません。

また斜視といって、黒目が左右でズレている状態になってしまう恐れもあります。

これには画面を近くでずっと見ているスマホが大いに関係するようです。

テレビやスマホの見過ぎで筋肉や神経に異常を来し、斜視につながると言われています。

赤ちゃんとスマホ。気をつける事は?

スマホなどを見るときは、特に親が一緒にいて監視する必要があるでしょう。

画面との距離や、部屋の明るさ、また時間等に気を配るべきです。

スマートフォンを子供に渡しっぱなしにするのはやめましょう。

常に親が横にいて、短い時間だけ一緒に見てあげるようにしてください。

この点で、子供たちにもはっきりとしたルールを決めておくと良いかもしれません。

いつでも好きなときにスマホが見えるような環境では、子供も過度に期待してしまいますし、欲求が満たされないと泣きわめいたりするかもしれません。

1日に何分と時間を決め、親が一緒に見、できれば毎日決まった時間に見せてあげるようにするなど…分かりやすいルールを作れば子供は納得します(o^^o)

一度に見る時間としては、30分が限度でしょう。

また1日トータルでは長くても2時間までに抑えるべきです。

でも短ければ短いのに越したことはありませんね。

部屋は明るくし、できれば座って正しい姿勢で見るよう、早いうちからしつけておくならば、疲労が溜まりにくく子供の視力にも良い影響が及ぶでしょう。

●まとめ●

スマホは子育てをしていく中で本当に便利な道具です。

しかし使い方を誤れば、子供の視力に大きな影響与えてしまいます。

目は一生大切に使っていかなければなりませんので、赤ちゃんの時に障害が残るような事は避けたいですね。

何事にも適正な使い方、適正な時間と言うものがあるのです。

スマホにも一定のルールを設けて、その範囲の中で楽しむことを覚えるよう子供を訓練しておくなら、子供にとって一生良い態度を身に付けることになるでしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

asapon

四国在住、30歳で第一子を出産した新米ママ。 アトピーを持っていまして、現在脱ステ7年目(ステロイドをやめる治療法)中です☆アトピーはすっかりキレイになりました! 妊娠から出産、育児、アトピーについての情報を主に発信しています。