ピンクが好きな人の性格や特徴について。男性の場合と女性の場合の性格を解説!人柄や適職もわかる⁈

性格シリーズ第3弾はピンクを好きな人の性格です。

赤色が好きな人はこちら

青色が好きな人はこちら

オレンジが好きな人はこちら

黄色が好きな人はこちら

緑が好きな人はこちら

紫色が好きな人はこちら

茶色が好きな人はこちら

グレー色が好きな人はこちら

黒色が好きな人はこちら

白色が好きな人はこちら

さて、ピンクも日常のいたるところで見かけるメジャーな色ですね。

特にファッションの中でも、ピンクは重要な役割を果たし多くの人に愛されています。

特にピンクが好きだという方も多いと思いますが、ピンク好きの方の性格や特徴はどのようなものなのでしょうか?

また男性と女性での違いや、適職について解説します。

ピンクの特徴

ピンクはファッションでも中心的に使われる色であり、女性の好む色で、部屋の配色もピンクを主体としている方は多いと思います。

母性愛を連想させ、愛情とも密接な関わりのある色です。

ではそんなピンク色を好む人はどのような性格の持ち主なのか?見ていきましょう。

ピンクの発するメッセージ

ピンクの発するメッセージは、

自分自身をストレスから解放しようとしている表れであり、また女性らしさを活気付け、強調しています。

他人に対する責任を鼓舞し、意識をリラックスさせて自分の愛情を見つめます。

そのため周りの人々を「受け入れますよ、愛したい、愛されたいですよ」というメッセージの表れでもあり、人の世話をすることが好きです。

ピンクが好きな男性の性格と適職

ピンクを好む男性は他人に対して責任を取り、人を助けたり活気づけたり、細やかな気配りのできる人です。

世話好きで人の役に立ちたい人です。

また、人のために負担を強いられることを全くいとわないところもあります。

優しさの面では女性以上に優しさを発揮する場合があります。

教育者や料理家、美容系、デザイナー系などに向いていると言えるでしょう。

ピンクが好きな女性の性格と適職

愛情や感情にかけては、人一倍激しく優しい一面を持っています。

パステル調の淡いピンクが好きな人は「柔和で上品」、また濃いピンクが好きな人は「熱烈で強力な人柄」になります。

人に尽くし、とことん世話をするのが好きなあなた!

そんな献身的なところがありますが、尽くして相手があまりにも当たり前のようにそれを受け入れるならば、ムッとしてしまうこともあるでしょう。

頭のてっぺんからつま先まで女性らしさで身を包み、底なしの魅力で本能的に男性を男にしていきます。

また傷つきやすく弱々しい部分もあります。

教育者、華道や茶道の家元、お琴や三味線の師匠、グラフィックデザイナー、ファッションデザイナー、作家などに向いているでしょう。

ピンクを好む人の性格と特徴

気配り上手で人好き

ピンクを好きな人は素人評論家的な部分を持っていて、世話好きでおしゃべりなところがあります。

本心では赤が好きでたまらないのですが、慎重を期するあまり赤を選ぶ勇気がないといったところがあります。

ピンクを好む人は十分な教育を受け、裕福に育っている人が多いです。

そんな幸福な家庭に暮らした経験のあるピンク好きの人は『青春や上品さ、愛情』などを連想させます。

仕事などが激務のため張り詰めてほっとする間もない人たちは、そのような人たちの優しさを慕わしく思ったりします。

ピンクを好む多くの人は、感情が細やかでよく気配りができそれが長所となっています。

とことん人に尽くすことができ、気がよくきき、徹底的に人に尽くします。

大きな心と傷つきやすさ

彼らは感情で友人を排除したりせず、大きな心で受け止めてくれる人物ですが、当人は本当は傷つきやすいタイプです。

他人に対しては責任を取りよく人に関わりたい人なので、教育者や保護者的な立場に立つのに向いており、優しく人を助け元気付けてくれる存在であります。

一方でピンクを求める人々は、人から守られたり特別の待遇をしてもらいたがります。

積極的に愛情を求め、愛されていて何の心配もないと言う実感を非常に好みます。

ピンク好きな人は、自分がデリケートで傷つきやすく壊れやすいと見てもらいたいと願っています。

ですからそのように他の人を扱いながらも、自分も細やかな待遇を受けたいと願っています。

また人の目にチャーミングで上品に見えることを願っています。

世界観を持っている

ピンクを好きな人は独特の世界観を持っています。

感性が研ぎ澄まされており、人々を惹きつけるような魅力あるセンスの持ち主です。

そのセンスは徹底されており、部屋や服装なども洗練されています。

ピンクは恋愛の象徴的な色でもあり可愛らしく見える色なので、アクセントとして用いる分には非常に効果的ですが、ピンクの使いすぎは派手でうるさくなりすぎるので禁物です。

関連記事はこちら

ピンク色の効果!心理的影響について。女らしく若返る色。

●まとめ●

ピンクを好む人は母性愛にも似た、人を優しく包み込む大きな心の持ち主であり、きめ細やかで優しい気配りのできる人たちです。

他人に対して責任を取り、他の人に尽くす点で徹底的に行える行動力も持っています。

半面デリケートで傷つきやすい部分があり、自分も周りから必要とされ、守られ、愛されているという実感を欲します。

とにかく人と繋がっておきたいタイプなのですね。

他の人に尽くす点でも、また愛情を求める点でも、度がすぎると問題を起こしやすいと言えます。

他の人にはなかなか出来ないすばらしい性格の持ち主なので、どちらにしてもやり過ぎてしまうことに注意すれば、社会の中で多くの人を癒し、潤滑させる貴重な存在です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

asapon

四国在住、30歳で第一子を出産した新米ママ。 アトピーを持っていまして、現在脱ステ7年目(ステロイドをやめる治療法)中です☆アトピーはすっかりキレイになりました! 妊娠から出産、育児、アトピーについての情報を主に発信しています。