パパ嫌いの2歳児の様子とは。原因は?ママがいいという理由についても。

以前にパパ嫌いになった息子の記事を書きましたが、今回は「続編 パパ嫌いのその後」という感じで、間も無く2歳を迎える息子のパパ嫌いの様子をお伝えしようと思います。

パパ嫌いな2歳児の息子の様子や原因、またママがいいという理由についてもお伝えします。

涙無くしては語れない息子との格闘日記、どうぞご覧ください。

パパ嫌い進行中

前に書いたパパ嫌いの記事から早3ヶ月。

【その時の記事がこちら】

赤ちゃん、子どもの「パパ嫌い」の原因について。1、2、3歳児の様子をお伝えします。

上の記事では、パパ嫌いの様子や原因について書いていました。

その後どうなったかと言うと・・・

はい、ますます酷くなっております(泣)

先日などは暴力に訴えて、私旦那の顔に2本の引っ掻き傷まで残す始末。頰にくっきりと、カタカナの「ハ」のような傷跡が…。

今や私の顔をサンドバッグか、爪研ぎの様にしか思っておらず、抱っこした瞬間に顔をガリっと引っ掻いて満面の笑みを浮かべております。

なんでもこの時期に顔を引っ掻いて来るのは、人に興味が出て来た証拠で、本人は悪い事をしている意識が無いとの事。

こちらも怒っていいのやら…なんて思っているうちに傷がまたまた増えて行く毎日です。

パパ嫌い進行中と書きましたが、全くその通りで日々息子の愛のバロメーターは下がり続けております。(パパは上がってるで!)

最近ひどいのは、なんでもママでなければ拒絶する事。

寝起きの抱っこ、ご飯、着替え、お出かけ中の抱っこ、就寝、とほとんどの活動はママがしないと大暴れ!

買い物中なんかはママを見ていると申し訳なくて、いたたまれない思いがしているのですが、変わろうとすると・・

「ぎゃー!」
と暴れまくり、ママからも

「いらん事せんといて💢」
の一言。

パパの出る幕はありません。

パパ嫌いの原因と改善

接する時間が少ない

前にも書きましたがパパ嫌いの原因はいろいろあるんですが、やはり接する時間がママと比べて極端に少な過ぎます。

日中ほとんど家におらず、一週間のうちのわずかな時間で濃密な愛情を注ごうとしてしまうのでどうしても嫌われてしまいます。

「適度な距離を置いて接すればいいのに」とよく言われますが、それができません。

かわゆ過ぎるのです。

気をつける事はやはり、仕事とは言えお父さんの勝手な事情で日中会えない訳ですから、短時間で信頼回復を図ろうとはせず、気長にちょうど良い距離で接するようにいたしましょう。

はい、努力します。

自我の芽生え

とにかく自分で何でもしないと気がすまない息子。

息子のおもちゃやら、食べている時のお皿やらを触ろうものなら思い切りブチ切れます。

最近はさらにパワーアップしており、パパがテリトリーに入っただけで(ものすごく気配に敏感です)
怒り出します。

こういう時はもう何をやってもダメで、とにかく近寄らない事が一番です。
関係改善は望めないと諦めましょう。

そしてこういう時はママとバトンタッチするのが最善です。

遊ぶ時は全力で向き合う

唯一息子が心を許してくれるのが一緒に遊ぶ時。

数少ない貴重な機会なのですが、遊ぶと言ってもただただ息子のしたいようにさせてあげて付き合わされるだけ。

少しでも意に沿わなければすぐにポイッと見捨てられます。

またこちらも何かしながら、例えばスマホとかいじりながら遊んでいたりしようものならすぐ感づいて、
「われ、真剣に遊ばんかい💢」
てな感じで暴力的手段に訴えてきます。

なので遊ぶ時は全力で子どもと向き合うようにしましょう。

番外編 ママの言いなり

そしてこの時期にもう一つ耐え忍ばなければならないのは、パパはママの言いなりにならなければならないという事。

パパが嫌なこの時期に子どもの相手が出来るのはママだけ。

ぐずったり、買い物中の抱っこも何もかもママでなければ嫌な訳ですから、悲しいかなパパには何の力もありません。

なのでパパにどんなに意見やアイデアがあっても、やはりママにはかないません。

この時期はママもストレスMAXでガルガルしてますので、パパはおとなしく従っておいた方が良さそうです。

まあママの子育ての重労働を考えれば当然の事です。

 
パパに対する理不尽な子どもの接し方に、思わず「あるある!」と大爆笑。
どこも一緒なんだなぁ〜と思うと、少し嬉しくなります(笑)
 
是非一度読んでみてください。面白いですよ〜。

●まとめ●

1歳半くらいから始まったパパ嫌期は継続中。
しかも日増しにパワーアップしています。

そんな息子がパパに笑顔を向けるのはバイバイの時だけ。

まあ今はそんな時期と割り切ってます。
色々足掻いてみたりもしましたが、おとなしくいる方が無難です。

そんな息子との雪解け期が到来したらまた報告します。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

asapon

四国在住、30歳で第一子を出産した新米ママ。 アトピーを持っていまして、現在脱ステ7年目(ステロイドをやめる治療法)中です☆アトピーはすっかりキレイになりました! 妊娠から出産、育児、アトピーについての情報を主に発信しています。