パパ用の育児書おすすめ11選。新米パパへのプレゼントにも。

世の中ママ用の育児書は五万とありますが、実はパパ用の育児書もあるって知ってました?
 
ママが妊娠してからというもの、ママの生活はこれまでの生活から激変していきますが、実はパパの生活だってママほどではないにしても変化していきます。
 
しかしながら、パパの大変さって意外とどこにぶつけていいものやら分かりません。
 
赤ちゃんが出来た時、子どもが産まれた時、育児をしていく時にもパパ特有の悩み、心配、大変さってものが発生していくのです。
 
それにどんなに育児を手伝ってママの負担を減らしてあげたいと思っても、知識が無ければ「役に立たず」なんてママの不満も買いかねません。
 
パパだって本当は子育てに積極的に関わりたいのに、関われない要素が沢山ありますよね。
 
忙しい仕事、知識不足、社会的にまだまだ浸透していないパパ育児など。
 
そうした問題はすぐには無くならない訳ですから、そうした問題と上手に関わって行きながら上手に育児にも参加していくしかありません。
 
そこで今回はパパ専用の育児書をご紹介していこうと思います。
 
パパ専用の育児書を読めば、子育て中のママの必要にもより敏感に気づき、より喜ばれるに違いありません!
 
妊娠中や育児中のママへの接し方、本当のイクメンのあり方など知ると知らぬでは大違い。
 
さあ今日からパパ専用の育児書を読んで、素敵なパパに生まれ変わってやるのだ〜〜!
 

おすすめのパパ専用の育児書

1.嫁ハンをいたわってやりたい・ダンナの為の妊娠出産育児書/荻田和秀著

 なんとこの本の著者荻田和秀さんは、あの人気ドラマ「コウノトリ」の主人公鴻鳥サクラのモデルとなった医師で、現在大阪泉佐野市のりんくう総合医療センター泉州広域母子医療センター長。
 
モデルとなった産科医自らが語り下ろした、ダンナのための妊婦とのつき合い方のバイブルです。
 
奥さんのために何かしたい、力になりたいと思っていても知識が無ければどうしようもないですよね!
 
そんな働くイクメンパパにとって必要なアドバイスとなるであろう本書には、つわりについてや予定日の事、妊娠出産のリスクなどが詳しく書かれています。
 
豊富な臨床経験から数多くの赤ちゃんとその両親に接してきた著者が、時に絶妙な関西弁も交えつつ、や優しく、厳しく教えます。 
 
読めば目からうろこが落ちるほどに役に立ち、原作漫画やドラマもますます楽しめる一冊です!
 
[妊娠・出産について、夫にもっと興味を持ってもらいたくて何か良い策がないか模索していました。関西弁で軽快な文章で、サクサクと読めたようです。医学的に大事なこともしっかりと書いてあり、全て読み終えた今も、たまに読み返しているようです。もちろん、嫁の立場で読んでもとても面白く、ためになりました。友人にもおすすめしたい本です。]

2.新しいパパの教科書/ファザーリングジャパン

2006年設立された日本最大のパパ団体「ファザーリング・ジャパン」の講師陣による、まったく新しいパパ向けの育児書です。
 
子育てするパパはこうだ!という決まった理想像を押し付けるというのではなく、子育てパパのセオリーを知れる一冊。
子育てを楽しむための知識やスキル、マインドについて優しく解説しています。
 
レビューは高評価が多く、何かをするにしても何故そうしなければならないか?どこまでしなければならないか?が丁寧に書かれていて、動機付けになる一冊となっています。
 
 [私はパパではなくママになる側ですが、本当にこれは夫に読んでほしいなぁと思う一方、夫側の視点から見るとこうなんだ・・・という気付きもありました。実感のなさや不慣れが原因のちょっとした言動について、この先こういうことがあるかも、でも悪気はないんだなという心の準備が出来たことが(本書の目的ではないでしょうが)意外な収穫でした。]

3.忙しいパパのための子育てハッピーアドバイス/明橋 大二著

 精神科医であり、京大医学部卒業の著者。
国立京都病院内科や名古屋大学医学部付属病院精神科などを経て、富山病院診療内科部長、児童相談所嘱託医、中学高スクールカウンセラーなどを兼任。
 
パパの子育ての要点がマンガを用いて分かりやすく書かれた本で、パパが育児の何をどうすればいいか分からないと言った悩みを解決してくれる本です。
 
またお父さんにしか出来ない役割の重要性や、妻への支えのあり方、夫婦のコミュニケーションの図り方などが具体例と共に載せられています。
 
数多くのお母さんとの診療の中で聞いた意見が盛り込まれていて、どんなことを期待するのかが分かりやすく書かれています。
 
パパがもっと子育てから幸せを感じ取ってもらいたい、そんな願いから書かれてる本です。
 
[「このままだとまずい」と思って読んでみました。父親が無理なくすぐ実行できる工夫や心の持ち方のみをとり上げてくれてるところです。読んでいて,パパの方の気が重くならないというか。これならできそう,というか。]
 
[父親として家族にできることはないか?そう思いこの本を購入しました。
今まで『夫を支えてもらう』概念がありましたが『妻を支える』ことは考えておりませんでした。妻を支える方法がこの本には入っています!]

4.パパ大豆のネクタイとっておんぶひも「楽しむ子育て」しませんか?/広島大三著

少し異色のこちらの本は、筆者自身が発達心理学と世界の知育玩具の見聞、そして何より本人が育児パパとして関わってきた経験から書き下ろされた本です。
 
発達心理学の知識を少し知るだけでも育児はとっても楽になる。
ほんの少しの見方や角度を変えるだけで楽しくなる。
 
本の中には赤ちゃんと対話しやすい仕掛けがたくさんあり、ユニークながら温かみのあるイラストと、赤ちゃんが見やすい構成の作りになっていて楽しい一冊となっています。
 
[さまざまな情報に囲まれたなかで、基盤となる子育て法はこの一冊で十分消化できそうです。

サラリーマンとして子育ての時間を取るために起業した経験も丁寧に書かれていてとても参考になりました。]

5.とあるパパの育児感想文〜新米パパに伝えたいこと、まとめてみました〜Kindle版

専業主婦の妻と二人の子供を持つ筆者が書いた体験談!
 
一般人が書いてあるという事で、共感できる事も多いはず。
 
とはいえ内容は豊富で実際に経験者ならではのアドバイスや心理などが盛り込まれていて参考になる、まさに参考書です。
 
[地域や家庭によって当然違いが出てきますが、根っこにある家族への思いがこの本から伝わってきました。

当然新米パパだけではない人も初心にかえるために読んで損はないと思います。]

6.パパのトリセツ/おおたとしまさ著

こちらはとてもユニークな視点で書き下ろされた一冊で、パパを育児ロボット化してしまえという何とも笑える発想の本です。
 
目次も面白くて…

第1章 機能と特徴―パパにできること、パパの役割
第2章 スイッチの入れ方―パパとしての自覚を促す
第3章 機種タイプについて―性格による性能や扱い方の違い
第4章 アプリのインストール方法―実務を覚えてもらうには
第5章 故障かな?と思ったら―暴走、離脱などに対処する
第6章 日ごろのお手入れ―イクメンの落とし穴とその対処法

というロボットの説明書に見立てた構成となっていますが、なんかとっても面白そう!

[産前&産後の妻のイライラをユーモアたっぷり科学的に解説されていて、自分の感情を客観的に見つめ直すのに役立ちました。] [もちろん、読みやすさだけではありません。内容が本当に素晴らしい。本書の特徴は、まずその語り口でしょう。そりゃあもう軽やか。「生きた(ここで書くのは少し躊躇するような激しい)」言葉がポンポン飛び交います。痛快です。痛快って育児書の感想じゃないけどね普通。]

7.出産育児ママのトリセツ〜「子どもができて妻が別人になりました」というあなたへ

ママの気もちを知ってできるパパになるために!
つわり・休職・出産を経て、日々の家事・オムツ替え・夜泣き・義母との葛藤・ダンナの世話・・・。

妊娠出産って本当に女性の人には人生の一大事であり、生活の変化も目まぐるしいものがあります。
産後クライシスを、 2000組以上の親子の指導実績をもつ著者が、〈産前・産後あるある〉満載でつづった真のイクメン入門。 

妻が、なぜいつもイライラしているのかがこの1冊でわかります! 

「イライラするな」ってだけ言うのはパパ失格!奥さんがイライラするのには必ず理由があり、その理由を本で学んでおくなら、様々な問題やトラブルを回避できますよ。

[産前&産後の妻のイライラをユーモアたっぷり科学的に解説されていて、自分の感情を客観的に見つめ直すのに役立ちました。] [本当によかった。折にふれて読み返すと思う。わが家の育児の支えになりそうです。妻を怒らせる回数が早速ぐんと減りましたよ。オススメ(笑)]

8.パパの極意  仕事も育児も楽しむ生き方/安藤哲也著

子育てしながら数々の企業で働いてきた筆者が子育てにはまり、NPO法人まで立ち上げたというパパ目線の子育ての醍醐味について語られた一冊。

忙しいビジネスマンのパパを想定して書かれていて、子育てはキャリア・アップの邪魔になるどころか、ビジネスに重要なスキルも自然に身につくことなどが説明されています。

また子どもがくれた出会いをきっかけに、ほかの子どもの親や地域の人とつながると楽しさなど「パパ業の楽しみ方」を見つけるヒントが見つかるはずです。

[「地元は最高のトレジャーランド」「笑っている父親が社会を変える」といったメッセージは、とても勇気づけられると思う。] [PTAなどの活動に参加することでのコミュニケーションをすすめています。これなら自分でも・・・と思えてしまうから不思議。]

9.「パパは大変」が「面白い」に変わる本

イクメンという聞こえの良いキーワードだけが一人歩きしている昨今、その実情はそんなキレイなものではありません。

男性も家事・育児の分担を求められる一方、賃金の上昇は見込めず、相変わらず長時間労働を余儀なくされている。 

「理想のイクメン像」と、仕事と家庭の両立に奮闘する「現実のイクメン」の乖離にいま、日本のパパたちが苦しんでいます。 

育児を含めた人生そのものを楽しむ「ポスト・イクメン」へと脱却する具体的な方法を提示します。 

[父親にも育児参加が求められている具体的なデータから示したうえでの悩みをもとに筆者がその解決策を提案していく。育児をビジネスのように捉える視点はこの人ならではで面白かったです。また、全体的に前向きなトーンで書かれており、実現が難しいと思えることでもまずはがんばってみようかな、と思わされる部分が多かったです。これから子どもが生まれる人も、すでに子育て中の人も読んで損無い一冊と思います。]

10.パパルール|あなたの家族を101倍楽しくする本/安藤哲也・小崎恭弘

育児を楽しむための101の方法が書かれていて、一つずつチェックしていくとどんな事が出来ているか、出来ていないのかを知る事ができます。

安藤/哲也 
NPO法人Fathering Japan代表理事。2006年、父親の育児支援をおこなうNPO法人Fathering Japanを設立。現在、企業、一般向けの父親セミナーや、Fathering Japanが主催する「子育てパパ力(ぢから)検定」のPR、絵本の読み聞かせ&ライブ活動「パパ’s絵本プロジェクト」などで日本中を飛び回り、全国の父親たちにエールを送る 。

小崎/恭弘 
神戸常盤大学短期大学部幼児教育学科准教授。児童福祉担当。研究テーマは「父親の育児支援の在り方と方法」。兵庫県西宮市の男性保育士第1号として施設・保育所の勤務を経て大学教員へ。保育士時代に3人の息子の育児休暇をそれぞれに取得。現在NPO法人Fathering Japan理事。

[読みやすく、重要なポイントは見出しや、太字、色分けされているので、これからのパパのための育児書の入り口に適していると思う。] [本当に育児に知識がない男性に、一冊目として読むのに取っつきやすい。赤子から小学生までの広い年齢に言及している。また、著者が男性であり、育児をメインで行った経験があって押しつけがましくない。]

11.我が家の子育てパパしだい!ー10歳までのかかわり方/小崎恭弘 

パパルールの共同著者の一人、小橋恭弘さんによる出版。

世の中の男性に子育てのすすめと実践アドバイスを送る“パパ育児の伝道師”。

NHK教育『すくすく子育て』ほか、テレビ、新聞、雑誌などでも活躍中。NPO法人ファザーリング・ジャパン理事。

軽快な関西弁と読みやすい分量、押し付けや説教がましく無い構成にパパからも大好評!

[今まで読んだ小﨑さんの本の中で一番好きです。一番、響きました。]

●まとめ●

 
 
いかがでしたか?
同じ本を読んでいても様々な意見があり、割れる事もあるようです。
 
もちろんそれぞれ置かれた環境や感じ方は様々なので、自分にとって受け入れやすい本を選ぶのもありだと思います。
 
パパだって本当は積極的に子育てに関わりたい。
でもそのためには知識と努力も必要ですよね。
 
そんな姿を見せてくれるだけでママはとっても嬉しいはず。
 
さあ今日からパパのための育児書を一冊見つけてみませんか?
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください