男の子は大変!遊び方がやっぱりわんぱく!旦那が小さかった頃の話。

どうも旦那です。

うちの妻が『男の子と女の子の違い』をテーマに記事をあげていて、色々なお話を周りのママ達に聞いているようですが・・・肝心な人を忘れてるじゃありませんか?

そうです元男の子(いや、変な意味じゃなく。今は大人と言う意味で)の旦那に話を聞かんかい( ̄^ ̄)
という訳で無理矢理参入しようと思います。

男の子はわんぱく⁈ ええ、それが何か。
男の子はわんぱくで大変だと言う論調で記事を書いているようですが、それが何か(^ ^)

その記事がこちら

男の子を育てるのは疲れる?大変?女の子との違いや男の子の長所について。

ええわんぱくですとも。
僕もさすがに赤ちゃんの頃はよく覚えて無いですが、子どもの頃はわんぱくでした!

わんぱくと言うかアホですね(笑)

今思うと何であんな事していたのか分からん!!と思うような事ばかり。振り返るだけでも冷や汗が出るほど危ない事をしてましたね〜!

自分で自分をどつきたいくらいアホでした。

もちろん毎日怒られまくりで、親にも近所のおっちゃんやおばちゃんにも何度も怒られました。

とにかく男の子って、目の前にある楽しい事しか目に入らないんですね。それがどんなに危険な事かとか、迷惑かけるかとか…そんなこと考えてないんです。

ではどんな事をして遊んでいたのかを書いていきましょー!

男の子だった旦那の遊び方

旦那は外で遊ぶのが大好き。特に野球かサッカーを毎日のようにしていました。

ここでまずアホ ポイント。

【アホ ポイントその1】マンションの狭い駐車場で野球かサッカー

「近所に広場が無いのは大人達の責任だー」を合言葉に、マンションの駐車場で思いっきり野球やサッカーをしてました。

野球の場合さすがにボールはゴムのカラーボールでしたが、金属バットを思い切り振り回していましたね。

今思うと、よーあんな車のそばで金属バット振り回していたなー・・・と冷や汗ものです。もちろん打球は車に当たりまくり。

サッカーも激しかったですね。狭い駐車場で車にボールをぶつけてしょっちゅう怒られてました。でも5分くらいするとまたやってしまうんですねーこれが。

【アホ ポイントその2】サッカーで思い切り蹴り過ぎておばちゃんの顔に当ててしまう

今思い返しても汗かくくらい恥ずかしいです。

思いっきり蹴ったサッカーのボールをおばちゃんの顔面にぶつけてしまい、一目散に逃げました。「やっベー」つって。後で謝りに行きましたけどね。おばちゃんホントごめん。

でもこのおばちゃんめっちゃいい人で、「男の子はこれくらい元気な方がいい」と言ってくれて、いつも声かけてくれたので大好きでした!

【アホ ポイントその3】交通量の多い道路の横で球技

うちの住んでいたマンションの横は交通量の多い道路。

キャチャーがボールをそらせてしまったら、ボールが道路に出る前に急いで止めるのが鉄則でした。しかし毎日5、6回は道路に出てました。完璧なアホです。

サッカーボールが何度か走行中の車のフロントガラスに当たったこともあります。よくあんな状況で事故せんかったなと思います。

【アホ ポイントその4】高校球児に憧れてワザと土の上で滑り込んでみる

わざわざ泥の汚いところを選んで、滑り込んでボールを取ってみたりしてました。

ここまでくるとちょっと痛いです。当然お母さんに怒られます。

【アホ ポイントその5】秘密基地を作って遊ぶ

当時は粗大ゴミの日がまだあったため、棚やらゴザやら漫画やら何かしらをかき集めては、草むらや近所の重機を置いている会社の土管なんかに持って行って、部屋みたいにしてました。

そして見つかって怒られる。このパターンを果たして何回繰り返した事か!

最終的にはおかんが秘密基地に「ご飯よー」と呼びに来る始末。全くの間抜けです。

【アホ ポイントその6】マンションの3階の手すりから身を乗り出して遊ぶ

マンションから身を乗り出すとかほんまのアホでした。

今思い返しても、落ちたらどないすんねんって感じです。

マンションは子どもの格好の遊び場でした。マンションの中だけで鬼ごっことか。これがまたおもろいんですよね〜。もちろんうるさいし無茶苦茶怒られます。

【その他のアホ ポイント】

ボールでガラスを割ったり、屋根を割ったり、自販機を壊したり・・・何度も親と一緒に謝りに行ったり、弁償したりもしました。

今思うと本当に親に感謝です。

●まとめ●

男の子は遊びに夢中になりすぎるところがあります。

もちろんそういうところは親として伸ばしてやりたいものですが、同時に危ない事も多々あります。

昔みたいに、近所の人も顔見知りで皆が見守ってくれているような環境ならいいのですが、最近ではなかなか難しいものがありますよね。

やはり目のつくところで遊ばせるとか、誰とどこで何をするかをきっちり伝えさせるのは大切な事だと思います。

男というのはつくづく単純でバカな生き物だと思いますが、決して悪意はありません。結構単純なのでかわいかったりするもんですよ。

またそういう遊びへの集中力みたいなものが大人になっても残っているのが男なので、仕事に没頭するみたいなところもあるのでしょう。

子どもの時の純粋な気持ちっていいもんですね!

男の子の育児は体力いると思います。また大きくなって外で遊びまわるタイプの子であれば、いろいろ物を壊したり、友達を泣かしたりして、親が一緒に謝罪するようなこともあるのかもしれません。

一度で言い聞かせれば分かるような、賢い生き物でもありません(笑)

何度も何度も同じことを繰り返すかもしれませんが、でもマイナスに目を向けず元気でたくましい男の子の成長を楽しんでほしいと思います。

是非プラス思考で乗り切って下さいね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください