徳島・鳴門の渦潮観潮船、子ども一歳でも楽しめた!所要時間や料金、船酔いは?感想をレビューします。

徳島・鳴門の渦潮観潮船、今回初めて乗りました。

渦潮の真横まで行って渦を観るなんて、渦に飲み込まれるのでは…と真剣に思っていた私は初めは超びびっていました。でもかなり楽しかった!

所要時間や料金、感想をレビューします。

観潮船の会社

今回お世話になったのは高速観潮船「うずしお汽船」です。

電話 088-687-0613

うずしお最前線ゆき高速観潮船 うずしお汽船 

場所 : 徳島県鳴門市鳴門公園亀浦漁港 (大塚国際美術館裏門)

観潮船には色んな会社、色んなサイズの船がありますが、こちらの会社の船は比較的小さい方の部類ではないかと思います。

料金

船が小さい分料金はやや安くなっています。

大人1550円 子ども780円

所要時間

約20〜30分。5分くらいで渦のポイントに到着します。

休日

年中無休

毎日午前8時から16時まで30分毎に出航。
但し、潮の流れは日によって違うので、ホームページなどでチェックしてから予約した方がいいでしょう。(ホームページへのクリックは後ほど記載します)

船酔いは?

船と聞いてまず思い浮かぶのは…そう、船酔いですよね。

乗り物には弱い方の私ですが、船長に聞くところによれば船酔いはしないとの事。

実際はと言うと、まぁ大丈夫でした。

20分くらいしか乗っていないですし、ポイントに到着するとあまり揺れは感じなかったので最後まで無事に楽しめましたね。

むしろポイントまでの行き帰りの方が少し揺れるので、少しウッてなりました(-_-)

もし心配ならその時は甲板ではなく座席に座っておくとか、あるいは逆に甲板で風に当たるなどどちらでも大丈夫。

心配な方は、事前に酔い止め薬を飲んでおくと安心です。

渦潮へいざ出発

その日の潮はあまり良くはないとの事で、まあ初めての観潮船だしいいかあーって感じでした。

30人くらいの観光客と共に船に乗り込みます。

甲板は、15〜20人は十分に見る事の出来る広いゆったりしたスペースとなっていました。

船内は、ベンチシートタイプの座席が10くらい左右にあります。

船が動き出すと高速船だけあってスピードに乗っていくため、やや揺れる感じです。

うちの1歳1ヶ月の息子は大喜び。乗船前まではワンワン泣いていたのに、船に乗った途端おとなしく景色を眺めて、時折鳥などを指差してました。

そして渦潮のポイントへ!

さっきまで橋の上(渦の道)から見下ろしていた海に実際来ている!というシチュエーションに加え、渦潮を堪能できてダブルで幸せ。

渦潮の真横まで行くと船が止まり、次々に発生しては消えていく小さな渦を見る事ができます。

海面が荒れているように見えるのでちょっとスリルもあってかなり面白いですよ。

そうこうしているうちにアナウンスが。

「右側に大きい渦が見えます」
「左側に大きい渦が見えます」

と、大きい渦を発見しては船を横付けして、観光客全員が渦潮を見えるように船を操作してくれます。

子どもを抱いていた私たちは移動する事も出来なかったので、このサービスに大感激!

小さな高速船ならではのサービスと価格の安さに「うずしお汽船」にして良かったと思いました。

ポイントでの滞在時間は10分くらい。その間に大小いろんな渦を見る事が出来ました。

帰りも5分くらいで着くのでちょうど良かったです。

長さが本当にちょうど良いので、子連れでも全くストレスを感じず乗れました。

渦潮を見ている途中から、波に揺られて気持ち良くなった息子はそのまま爆睡。渦潮効果でその後2時間も寝てくれました。笑

【注意点】
注意点としては寒いので防寒対策をしておく事。また揺れるため船内での飲食は出来ません。

うずしお汽船ホームページはこちら⬇︎⬇︎

www.uzushio-kisen.com/

●まとめ●

初めて乗った渦潮観潮船。

揺れによる船酔いなどの心配も無く、とても楽しい時間となりました。家族で乗ると良い思い出になる事間違いなしです。

渦潮は良く見えるタイミングがあるそうなので、事前に調べておくと良いかもしれません。

こちらの会社のホームページにも潮見表があるようです。

今度は大きな渦潮が見える日にまたチャレンジしようと思っています。

関連記事はこちら↓↓

大鳴門橋架橋記念館エディは渦の道とセットで行くと超お得!意外と面白かったのでレビューします。入場料、営業時間など。

渦の道。徳島|大鳴門橋の渦の道は迫力満点!営業時間や料金。周辺施設の遊び場など感想を口コミします。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

asapon

四国在住、30歳で第一子を出産した新米ママ。 アトピーを持っていまして、現在脱ステ7年目(ステロイドをやめる治療法)中です☆アトピーはすっかりキレイになりました! 妊娠から出産、育児、アトピーについての情報を主に発信しています。