悲報!南海トラフの地震発生確率が30年以内に70〜80%に引き上げ!マジかぁ!津波到達時間や高さは?

東海、近畿、四国、九州で、特に太平洋側在住の方なら誰しもが心の片隅にいつも思っているであろう南海トラフの巨大地震。

マグニチュード8〜9クラスの超巨大地震の発生確率が、このほど70〜80%に引き上げられた模様!

ショックです。
この不安、動揺。
みんなで共有しませんか?

って事で、南海トラフの発生確率引き上げに伴う感情の悲喜こもごもをお伝えします。

南海トラフの発生確率の見直し

政府の地震調査委員会って、毎年1月1日に地震の発生確率を発表してるんですってねー!

そんなの知らんかった。
ありがとうございます。

そんな地震調査委員会の方が発表された今回の報告。怖いよー!

静岡県から九州の太平洋側に伸びる南海トラフで今後30年以内に、マグニチュード8〜9クラスの超巨大地震が発生する確率を70〜80%に引き上げた。というもの。

これまでは
2013年まで・・・60〜70%の確率
2014年以降・・・70%の確率
2018年・・・・・80〜90%の確率

と、徐々に引き上げられてるからたまったもんじゃない。

さらにさらに、今後10年以内に発生する確率も引き上げられて、

20〜30%から30%に引き上げ。

うぎゃー、怖いよー!

50年以内には90%からそれ以上と、とんでもない数字が発表されました。

僕ちん(旦那)がいきている間にまず確実に遭遇してしまうやん!
息子なんて絶対経験するやん!

平均発生確率が88.2年周期と言われる南海トラフ。

近年では1944年と1946年の紀伊半島沖での地震が最も新しいという事になり、連動型大地震に至っては1854年の安政東海地震以来、起こっていないというから不気味!

南海トラフとは?

南海トラフとは四国の南海底にある水深約4000メートル級の深い溝(トラフ)の事。

そして厄介なのが、東海、東南海、南海の3つの震源域での巨大地震が連動する最悪の地震だ!

東海、東南海、南海のこれら3つの震源域のうちどこか一つで大きな地震が起きると、決まって他の震源域もつられて地震を起こすのです。

東日本大震災でも、本震のマグニチュード9.0の地震の後連動して次々にマグニチュード7以上の巨大地震が発生しました。

その結果巨大津波が次々に押し寄せる結果になりましたよね。

大きな地震が引き金となって次々連鎖してしまう訳です。

津波到達時刻や高さ
これ調べていたら、こんな記事を発見!

朝日新聞の南海トラフの記事

少し昔の記事ですが、マジヤバくないですかこれ!

まず津波到達時間ですけど、え、最短2分!
カップラーメン作ってる間に津波到達すんかい!その驚愕の地域とは、

和歌山県串本町 2分 18メートル
高知県室戸市 3分 24メートル
静岡県沼津市 4分 10メートル
静岡県静岡市 4分 13メートル
三重県尾鷲市 4分 17メートル
和歌山県新宮市 4分 14メートル
などなど…

もう本当に逃げる間も無く津波がやって来る感じです。

2分なんて、いざなってみたら本当に何にも出来ないでしょう。
もう逃げるのみです。
探し物なんて絶対できません。

やはりこうなるといざという時のための備えって本当無茶苦茶大事ですよね!

非常持ち出し袋や、避難経路の確認、家族の安否確認の連絡方法などは事前に決めておくべきです。

●まとめ●

南海トラフ大地震が迫っています。

まず間違いなく起きるとされる南海トラフ地震が、さらに確率を上げているという事はよほど異常事態なのでしょう。

江戸時代に比べてはるかに人口が密集した現代。

南海トラフ大地震なんか起きれば本当にどうなるのでしょうか?

我々にできる事はいざという時のために万全の備えをしておくことくらいです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

asapon

四国在住、30歳で第一子を出産した新米ママ。 アトピーを持っていまして、現在脱ステ7年目(ステロイドをやめる治療法)中です☆アトピーはすっかりキレイになりました! 妊娠から出産、育児、アトピーについての情報を主に発信しています。