紫色を好きな人の性格は?紫色が好きな男性と女性のタイプや、職業について。

紫色は自然界にもたくさん見られ、人を惹きつける神秘的な色ですね。

日本人はこの紫色が好きで、上手に用いている国民ではないでしょうか。

ファションにも多く使われています。

そんな紫色を好きな人の性格はどのようなものでしょうか?また男性と女性の違いや、職業などについて解説します。

赤色が好きな人の性格はこちら

青色が好きな人の性格はこちら

黄色が好きな人の性格はこちら

オレンジ色が好きな人の性格はこちら

ピンク色が好きな人の性格はこちら

緑色が好きな人の性格はこちら

茶色が好きな人の性格はこちら

黒色が好きな人の性格はこちら

グレー色が好きな人の性格はこちら

白色が好きな人の性格はこちら

紫色の特徴

紫色は、古来より位の高い人々の間で用いられ、神秘的で気品の高さを感じさせます。

直感や感性の色であり、感受性豊かな人に多く愛される色です。

また紫はスピリチュアルな色と関連が大きく、宗教色の強い色です。

紫色の好きな男性

紫色が好きな男性は、常に人とは違う事を好みます。

気難しく、個性の強い芸術家タイプでしょう。

文化的なものに関心があり、威厳や地位に憧れ重んじる人です。

職業としては歌舞伎役者や日本の伝統芸能、華道や茶道…など、伝統のある格式高いものが多いようです。

紫色の好きな女性

生まれ持った資質は並はずれたものがあり、その人柄はどことなく神秘的であったりもします。

下劣な局面を避け、常に気品を漂わせています。

こちらも職業としては日本伝統芸能に加え、芸術、音楽、哲学…など幅広い分野で活躍します。

紫色を好きな人の特徴は?

直観力の高さ

紫色を好きな人の特徴は、とにかく直観力の高さにあるでしょう。

物事の先を見通す直観力は、ずば抜けています。

しかし、高い能力が邪魔をして人を信頼出来ないようなところもあり、仕事を自分で抱えこもうとしてしまいます。

それでも、強い信念を持って与えられた仕事をこなします。

群れたがらない

紫色を好きな人は1人でいる事を好み、時に はにかみ屋で臆病なところもあり、世を忍んで生きようとする側面もあります。

そのため芸術的創作活動などに向いていて、1人でじっくりと向き合う事ができます。

芸術家

エネルギーの源である赤と、エネルギーを沈める青が混じり合っているのがこの紫色。

そのためか不思議な感性をもち、一般的にとらえにくい、とらえどころのないようなところがあります。

そうした独特の感性が創り出す作品の多くは、神秘的で洗練されていたり、新しい感性で独特の文化を作り出します。

個性的なスタイルを貫くことでそれを自分のものとし、周りの人を魅了し巻き込んでいく力があります。

世間一般のいわゆるミーハーなこと、低俗なものを嫌い、気高く、時にキザに映ることもあります。

そんな彼らは、このストレス社会の中にあってもゆうゆうと人生を歩んでおり、人生を楽しむ術を心得ています。

奉仕の精神

紫色を好きな方の中には、他の人への奉仕の精神に富んだ人がいます。

人々へ尽くす様は徹底しており、見返りを期待する事なく周りの人のために自分を費やします。

人々へ尽くすためのエネルギーも無尽蔵にあるように見え、決して疲れたところを見せません。

このような無私の精神が、紫色を好む人のカリスマ性を高めていきます。

●まとめ●

紫色は、神秘的で芸術の中でも重要な役割を果たしている色であると言えるでしょう。

歳を重ねていくと紫色を好むようになるのも、こうした深さ、重厚さと関係があるのかもしれません。

紫色を好む人は、気高く上品である事を好み、下劣なものを嫌います。

そのため中には気取っているように見られる人もいるでしょう。

ただ彼らの直観力や感性は、他と比べても圧倒的なものがあり、その先見の明や感性が周りの人に浸透して影響を与えることもあります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

asapon

四国在住、30歳で第一子を出産した新米ママ。 アトピーを持っていまして、現在脱ステ7年目(ステロイドをやめる治療法)中です☆アトピーはすっかりキレイになりました! 妊娠から出産、育児、アトピーについての情報を主に発信しています。