魔の2歳児イヤイヤ最盛期突入!その恐怖の実態とは?

「魔の2歳児」と言う言葉。
噂には聞いていましたが、いざ自分の息子が突入するとなるとまぁー大変大変!

ついにやって来た魔の2歳児の実態をお伝えします。

魔の2歳児とこれまでのイヤイヤ期との違い

ままいろはでは息子のイヤイヤ期の変遷を定期的にブログに上げてきましたが、今読み返すとまだまだ楽だったな〜と思えるものばかり。

という事は・・・、そう今現在がやはり最も大変であるという事です。

【過去のイヤイヤ期の様子はこちら】

1歳半イヤイヤ期突入

1歳9カ月 聞き分けが良くなってきた

2歳 自分で何でもやりたがる

しかしながら、ただ単にイヤイヤが悪化しているというのではなく、ある分野ではましになってきているところもあります。

イヤイヤの何がエスカレートして何が改善されているかの両方をお伝えします。

これまでのイヤイヤ期の特徴・・・

自分の意志が芽生えてきたのにそれを言葉に表せないので、して欲しい事や欲求が伝わらずイライラする!というケースが多かったようです。

しかし最近ではだいぶ言葉を発することが出来るようになり、こちらの語彙もかなり分かってきているので、コミュニケーションが取れるようになりました。

それで、これまでなら意味が通じずに怒っていたであろう場面で意思疎通がはかれるようになったので、イライラする回数は減っているように思います。

現在のイヤイヤ期の特徴・・・

今は自分の意志がかなりハッキリしてきたため、自分のやりたい事を今度は主張するようになり、思い通りに行かないとギャン泣きしたり怒ったりするようになりました。

魔の2歳児は常にオンかオフ

魔の2歳児を迎えた息子。

これまではまぁまぁおとなしくて聞き分けのいい方かな、なんて思っていた親バカの期待を見事に打ち砕いてくれます(笑)

2歳2ヶ月の段階で言えるのは、常にオンかオフの両極端な二面性の状態であると言う事です。

今笑っていたかと思うと、何かのきっかけに大泣きし、また笑い出し、また泣くの繰り返し。

山の天気か!

とツッコミたくなるほどコロコロ変わる変わり様に、君の心の中はどんな状態なんだろうと覗き込みたくなるくらいです。

1歳の頃と比べて喜怒哀楽の感情表現がハッキリする様になって、特に怒りと喜びの差が大きく、ボッーとすると言うよりも、どちらかの感情が表に現れています。

癇癪のスイッチが入ると

一旦癇癪モードになると自分の要求が通るか、何かで気がまぎれるまで泣き止みません。

とにかく頑固!

しかもなぜか危険な事とか汚い事が大好きで、親としては止めざるを得ない状況ばかり。

もう本当に格闘ですね。

人前で癇癪を起こされる時は周りの人が理解のある人かどうかでかなり違います。

子育て経験のある方や、お孫さんのいる方なんかは温かく見守ってくれますが、子育て経験のない方が周りにいると迷惑がられる事もあります。

そんな親の気持ちも知らずに、人前で気持ちいいほど大声で泣いてくれます。

イヤイヤのスイッチがすぐ入る

これも魔の2歳児の特徴なんですが、とにかくよくスイッチが入ります。

なんでも自分でやりたがる様になって、人が何かを触ったり食べたりしていると、気に入らなくて怒り出し、最後にはギャン泣き!

車でコンビニの前を通り過ぎると、どうして寄らないのかと訴え…

スマホでムービーをずっと見ようとするので取り上げるとギャン泣き…

服を着る時、逃亡…

服を脱ぐ時、逃亡…

歯磨きの時、気分が乗らない時は逃亡…

ママのスマホをパパが手に取った時、ママに返せと怒り…

トーマスのプラレールを親が勝手に触った時、自分がしたかったとやり直す…

パパが抱っこした時、拒否…(なんでや💢)

ショピングセンターでいつも寄ってるお店に寄らなかった時、「あっち!あっち!」を連呼…

などなど。

いやー自己中ですな!
俺様系肉食男子といったところでしょうか?

これまでは素直におとなしく行なってくれていた事が、ことごとく嫌がる様になっています。

歯磨きやお着替えをなぜしないといけないのか?という、行わなければならない理由がまだ理解できていない2歳児なので、自分にとって「今」不快な事は受け付けてくれません

魔の2歳児でもカワイイ

これから魔の2歳児を迎える方!ご心配なく。

確かに大変ではありますが、その分可愛さも半端なく100万倍くらいです。

走り回ったり、二語分で話し出したり、仕事から帰ってくるなり走り寄ってくれたり、ママ好きと言ってスリスリしてくれたり。

なので息子を嫌いになったりする事は全くありません!むしろ愛情が深すぎて怖いくらい。

この時期の接し方はいろいろ悩みますよね。

どこまで怒っていいものやら分かりませんし、怒ったところで理解してないでしょうし。

ただこれまでの経験上、なんでも理解する前から始めてる事ってうまくいってるんですよね。

絵本の読み聞かせとか、赤ちゃんの時から家族以外にも積極的に抱いてもらったりした事って、今とても良かったと感じています。なので叱る事も教えていかなくてはと思っています。

今のところルールを決めて、この時だけは叱ると決めています。

顔を引っ掻いたり、スマホをずっと見ようとしたりしてる時だけは、どんなに泣こうがわめこうがダメっと言う事にしています。

叱る時はとにかくルールが大切。

闇雲に怒ったり、いつも口うるさくガミガミ言うのは子どもにも良く無いですからね!

【関連記事はこちら】

子供が泣きわめく、癇癪(かんしゃく)を起こす場合の原因と対処法

●まとめ●

魔の2歳児は大変さは倍増しますが、可愛さは100万倍の時期です。

泣きわめいたりするのもムービーで収めておくと後で懐かしいと思いますよ。

まだまだコミュニケーションも完全に取れてない時期なのに、自我や欲求は十分と育ってきています。

これも順調な証拠ですね。

 
パパに対する理不尽な子どもの接し方に、思わず「あるある!」と大爆笑。
 
イヤイヤ期でも、人の子どもならとても可愛らしく見えますね(笑)
どこも大変なんだなぁーと思うと、なんだかイヤイヤ期の子どもも楽しく見えてきます。
 
是非一度読んでみてください。面白いですよ〜。
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

asapon

四国在住、30歳で第一子を出産した新米ママ。 アトピーを持っていまして、現在脱ステ7年目(ステロイドをやめる治療法)中です☆アトピーはすっかりキレイになりました! 妊娠から出産、育児、アトピーについての情報を主に発信しています。