こんにゃくの栄養やメリットは?ダイエットだけでなく美肌や高血糖にも効果あり!

こんにゃくといえばダイエットのスーパーフードということで試してみられた方も多いかもしれません。

こんにゃくには様々な栄養やメリットがあります。
 
こんにゃくに含まれる栄養成分には、ダイエットだけでなく美肌や高血糖にも役立つものがたくさん含まれています。

こんにゃくはダントツで低カロリー、しかも安価な食材

 
 
やはりなんといっても魅力の1つは、安く手に入り、いっぱい食べても太らないその低カロリーさでしょう。
 
一般的な板こんにゃくでも100グラム当たり、たったの5kcal。
 
きのこ類でさえ100グラム20kcalくらいある事を考えると、こんにゃくの低カロリーは群を抜いています。
 
しかもこんにゃくって嚙ごたえのある食感とボリュームを実現しながらも、決して自らは主張することの無い味。
 
ですからいろんな料理に使ったり、代替食品としてこんにゃくを代用する事で大幅に消費カロリーを下げる事が期待できます。
 
こんにゃくには炭水化物が少なく、脂質もほとんど含まれないため低カロリーが実現しているのです。

こんにゃくは食物繊維が豊富

 
こんにゃくはなんと!!97パーセントが水分で、カロリーもごくわずかではありますが、現代人に不足しがちなある栄養素が非常に多いんです。
 
それが・・・食物繊維!
 
100グラム当たりの食物繊維が2.2グラムもあります。
 
他にも食物繊維が豊富な食材はありますが、カロリーが高かったり、たくさんの量を食べなければならなかったりします。
 
その点こんにゃくは調理方法もたくさんあって手軽にたくさんの量を食べられ、しかもカロリーが低くて食物繊維が豊富。
 
こんな理想的な食材はなかなかありません。
油物を口にする事が多い現代人は、便秘や大腸ガンなど腸のトラブルが急増していますので、デトックスに効果的なこんにゃくは強い味方になります。
 
こんにゃくには別名「おなかの砂おろし」とか「胃のほうき」などと呼ばれているのにも頷けますね!

こんにゃくはカルシウムも豊富で吸収しやすい

日本人に不足しがちなもう1つの栄養成分はカルシウムです。
 
カルシウムは男女全ての年代で不足していると言われています。
 
カルシウムが不足すればご存知の通り、イライラしやすくなったり骨折などのトラブルにもつながります。
 
しかし例えば板こんにゃくには100グラム辺り43mgのカルシウムが、こんにゃくの親戚とも言えるシラタキにはさらに多い75mgものカルシウムが含まれています。
 
これはこんにゃくを固める凝固剤である水酸化カルシウムが多く使われているためです。
 
そしてこの水酸化カルシウムは酸に溶けやすく体内に吸収されやすいので、カルシウムを無理なく摂取するためにも欠かせない食材です。

こんにゃくは美肌づくりや高血糖対策にも効果的

 
こんにゃくの中には『セラミド』と呼ばれる美肌成分も含まれています。
 
近年化粧品や健康食品の中で使われているこのセラミドは肌の保湿に欠かせない成分で、弾力のあるみずみずしい肌を保つのに役立ちます。
 
また先ほども触れましたが食物繊維が豊富なためコレステロールの吸収を抑え、食後の血糖値の急上昇を抑える効果もあり、血糖値スパイクといった危険な状況も避けやすくなるでしょう。

他にもあるこんにゃくのメリットは?

こんにゃくは安い

何と言ってもこんにゃくは安いですよね。
 
スーパーなどでいつでも手に入りますし、板こんにゃくを始め様々なこんにゃくが大体百円前後というリーズナブルさ!
 
これだけグラム当たりのお値段が安く、しかも嚙ごたえがあり満腹感も得られやすいとあって、ダイエットには欠かせない食材となっています。

こんにゃくは消費期限が長い

こんにゃくは保存期間がとても長いため、冷蔵庫に常備しておいても大丈夫な食材です。
 
大抵は未開封で1ヶ月から3ヶ月くらいは大丈夫。
 
本当にダイエットの為にあるような食材ですよね!
 
こんにゃくレシピはかなり豊富でインターネットでもすぐ検索でヒットしますので、まとめ買いして置いても良いでしょう。

こんにゃくは種類が豊富

さらにこんにゃくはいろんな種類のものが開発されています。
 
まず代表的な板こんにゃく
 
 
板こんにゃくは厚切りにして歯ごたえやボリューム感を出す料理に最適です。
 
沢山のこんにゃくでお腹いっぱいになってもカロリーが低いので最高のダイエット食です。
 
そして、こんにゃく麺や糸こんにゃく
 
麺の代わりに糸こんにゃくや、最近では各メーカーが販売しているこんにゃく麺などで代用すると、ラーメンなんかでもカロリーを気にせず食べられます。
まあ小麦の麺よりは物足りないかもしれませんが、それでもダイエット中にラーメンが食べられるというのはかなり有り難いですよね。
 
また刺身こんにゃくレバ刺し風こんにゃくなる商品も出ています。
 
 
スーパーなどで簡単に手に入りますし、お値段もリーズナブルなので是非活用してみて下さい。

●まとめ●

こんにゃくは栄養価も高く、カロリーが低い為ダイエットのスーパーフードの代表格です。
 
特に現代人に不足しがちな食物繊維やカルシウムが摂取できますので、こんにゃくはダイエットに限らずどんどん活用していきましょう。
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

asapon

四国在住、30歳で第一子を出産した新米ママ。 アトピーを持っていまして、現在脱ステ7年目(ステロイドをやめる治療法)中です☆アトピーはすっかりキレイになりました! 妊娠から出産、育児、アトピーについての情報を主に発信しています。