アトピーの子どもにしてあげられること。その対策と、大切な心のケア|親がアトピーでない場合でも。

子どもがアトピーと診断されると、親としては戸惑いますし、「どうしよう…」と不安に感じるかもしれません。

親がアトピーの場合

特に親自身がアトピーの場合、「遺伝させてしまった…」と、自分を責めてしまうこともあるでしょう。

でも親がアトピーなら、アトピーの辛さが何より理解できるので、どうすれば子どもが楽になるのか、ある程度分かるはずです。

子どもの気持ちを分かってあげられるので、子どももアトピーとはいえ、親が理解を示してくれることで幾分と気持ちも楽になるはずです。

私も、50%の確率で遺伝するかも…と覚悟していたので、『もし子どもがアトピーだったら、あーしてこーして』…って対策を考えていました。(お肌の強い子だったので取り越し苦労ではありましたが。。。)

子どもがアトピーだったとしても、自分を責めないで欲しいです。
むしろ自分の経験を活かせられる!と積極的に考えて、色々と対策を考えてあげて下さい。

親がアトピーではない場合

両親共に肌が強いのに、子どもはアトピーだった…という場合。

親としたら『アトピーってなんぞや??』と思うので、1からアトピーを知ることになると思います。

アトピーとは無縁の人は、「え、アトピーって痒いだけでしょ?」って考えがち。

いえいえ、蚊に刺された程度の痒さとは全く違う痒みなんです(切実)

実際アトピーが治りつつある私。蚊に刺されても、「こんなもんか」って感じです。

もーーっっと痒いのを長年経験した身からすれば、蚊に刺された程度でギャーギャー言う人の気が知れません…。笑

アトピーは蚊の100倍辛いですよ〜。血の奥から痒いですからね。

アトピーではない親が言いがちな言葉の1つに、
「掻いたら余計ひどくなるから、掻くのはやめなさい!」
ってのがあります。

これはタブー。掻いたら掻き壊してしまうことくらい子どもも分かってるんですよ。

でも掻かずにはいられない痒さ。

大人でも我慢できないのだから、子どもだったら余計に辛いと思います。

後にも触れますが、アトピーの子どもに言葉で責めるのは絶対やめてあげて下さいm(_ _)m

アトピーについて調べてあげて下さい。
小さいうちなら、キレイになる方法はいくらでもあると思います。

とりあえずステロイド塗っときゃ大丈夫でしょ。みたいな、簡単な病気ではありません。

アトピーの子どもにしてあげられる対策

肌に使うものは無添加のものを

子どもが肌に使うもの…と言えば、

入浴中に使う石鹸、シャンプーなどです。歯磨き粉も含まれます。

よく選んであげないと、成分に界面活性剤や添加物が使用されているかもしれません。そうしたものはアトピーの子どもには大敵。

出来るだけ自然に近い、オーガニックのものを選んであげることが大切です。

あとは昔ながらの固形石鹸もオススメです。

よく泡だてて、優しく洗ってあげて下さい。

 

 

食べるものに気をつける

子どもなので、『あの食べ物は体に良い』とか頭で考えながら食べることは難しいかもしれません。

オヤツだってたくさん食べたいはずですしね。

そこで親の出番!

食べるものは基本的に無農薬の野菜が1番良いでしょう。子どもは成長期なので、お肉やお魚も新鮮なものを選んであげることも大切です。

市販のオヤツは砂糖や添加物もいっぱい!オヤツも手作りだと安心ですね。

でも手作りしている時間って、なかなか取れないですよね。

私も子どもが生まれたらオヤツを作ってあげたいなぁ…とレシピを保存していましたが、結局時間が無くて作れていないです(^^;;

最近は市販でも体に良いオヤツはたくさん売られています。

そうしたものを活用して、親も楽して安心なものを子どもに食べさせてあげましょう。

 

原因となるものがないかを調べる

もしかしたら、外的要因が原因となっているのかも。

年齢が可能なら、アレルギーの血液検査をして、何に反応しているのかを見極めてあげられるでしょう。

案外飼っているペットが原因だったり、特定の食べ物に反応していたりしているのかもしれません。

因みに私は、ダニ・ハウスダストがMAXの値、犬やネコにも高めのアレルギー数値が出ていました。あとは甲殻類です。

そうしたものを分かっているだけでも、悪化させずに済ませられます。

ステロイドだけを信用しない

アトピー = 皮膚科 = ステロイド

日本ではこの方程式が出来上がっています。

確かに、中にはステロイドだけで良くなっていつのまにか完治…という人もいることでしょう。

なのでステロイドがいけない訳ではありません。

1番良くないのが、初めは弱いステロイド、効かなくなれば強いステロイドへと変えていき、結果ズルズルとステロイドを塗り続けてしまうことです。

いつの間にかステロイドが無いと駄目な肌になってしまい、いざステロイドを止めようとすると、次は恐ろしい離脱症状が現れます。

それが脱ステロイド。関連記事はこちら。

脱ステロイドの辛い期間を乗り越え、経過を成功させるためにできること|病院・入浴のオススメは

なので、外から治すステロイド以外の治療法も考えてみるのも1つの方法です。

体内から働きかけるのもオススメです。

因みに私は現在オリエンタルバイオのアレルナイトプラスがお気に入りです。

脱ステの味方!手湿疹、関節アトピー|アレルナイトプラスを飲んで約半年続けた経過をお見せします。



理解する

アトピーの辛さを親が理解してくれ心をケアしてくれてているだけで、子どもの症状が良くなることもあります。

大人でもそうですが、ストレスがたまるとやっぱり肌に出てくるんですよね。

イライラしている時に無意識に掻いたりしてしまうこともあります。

子どももそう。アトピー痒くて辛いのに分かってもらえないと、掻きむしってしまいもっと悪化してしまうことにもなりかねません。

親が必死にアトピーについて調べ、検索してくれている姿だけでも嬉しくて安心するもの。

そういう気持って伝わると思います。

親の理解って本当に大切ですよ。

●まとめ●

子どもがアトピーになると、親も心配ですし辛いものです。

でも一番辛いのは当本人の子ども。

考えられる対策を色々試してみると、その子に合った良い治療法に巡りあえるかもしれません。

食べるもの、肌につけるものに気を配ることは基本的に大切なことです。そして何より心のケアが1番大切。

少しでもアトピーが回復されますように…。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

asapon

四国在住、30歳で第一子を出産した新米ママ。 アトピーを持っていまして、現在脱ステ7年目(ステロイドをやめる治療法)中です☆アトピーはすっかりキレイになりました! 妊娠から出産、育児、アトピーについての情報を主に発信しています。