滑液包炎(かつえきほうえん)がくるぶしに出来て痛い!何科に行く?治療法は?

数日前から滑液包炎(かつえきほうえん)に悩まされている私。

症状が出ている場所はくるぶしの上あたりで、これがめちゃくちゃ痛い!

様子を見ても治る気配がないので…病院に行ってきました。

何科に行けばよいのか?治療法は何だったか?お伝えしたいと思います。

滑液包炎とは?

…と、その前に滑液包炎とは一体なんなのでしょうか?

『滑液包炎 くるぶし』と検索したところ、私の場合は「足関節滑液包炎」にあたるようです!

【どんな病気か】
足関節(足首の関節)の前方にある滑液包に炎症がおこり、はれや痛みを生じる病気です。
【原因は何か】
滑液包は関節の周囲の骨と関節の間など、大きな動きが必要な場所にできる袋状の潤滑装置で、内側には通常でも少量の滑液が入っています。滑液包に過剰な摩擦や圧迫が加わると炎症が起こって痛みが生じ、滑液の分泌量が多くなり、滑液包のなかに過剰な滑液がたまります。 また、炎症が続くと滑液包自体が肥厚(ひこう)してきます。足関節滑液包は足首の前方にあり、正座や足首の前の部分をこする動作を続けることで、足関節滑液包炎が起こることがあります。
【症状の現れ方】
正座や足首の前の部分をこする動作で、足首の前に痛みが起こります。炎症が強く滑液がたくさんたまると、こぶのようにはれることもあります。

(参照:yomidr.yomiuri.co.jp/iryo-taizen/archive-taizen/OYTED468/)

そう!そうなんです!

今回のこの症状、思い当たる原因は『正座』しかないんです。

数日前、2歳の息子(15キロオーバー)を膝の上に抱っこして、床の上で正座をした状態でご飯を食べさせていたんです。

重いな〜痛いな〜と思いながら30分以上その姿勢でいたのですが…

その日からくるぶしあたりに違和感を覚え、みるみると腫れていった訳です。

滑液包炎の理由が分かってホッとしました。

滑液包炎がくるぶしに出来ると・・

こうなります。

ちょっと分かりにくいですが、パンパンに腫れてます。

上から見たら分かりやすいかも!

ぷっくりー(泣)

しかも熱を持ってて、触るだけで激痛!!

くるぶしのあたりだけでなくて、足の甲まで腫れが広がっています。

何科にかかればいいの?

出来ることなら自然治癒して欲しいけど、腫れが引かないなら病院に行くのが良いです。

でも、いざ病院に行くとなると『何科に行けば良いの?』と迷いますよね。

内科のような気もするし、皮膚が腫れてるんだから皮膚科のような気がするし・・。

もちろんそれらの病院でも診てくれるはずですが、

1番良いのは整形外科に行くことです!!

皮膚科に行っても「原因が分からないから整形外科に行ってください」と言われた人もいるようなので、ここは整形外科にかかると間違いないでしょう。

私も整形外科に早速行ってきました!

治療法は?

『針で刺して中に溜まってる液体を抜かれるんだーー泣』と覚悟を決めて行きましたが・・

結局は投薬で終わりました。

先生の見解では「もともとくるぶしにあった瘡蓋のところから、正座によって擦れて菌が入ったんだと思う!」

とのこと。

「とりあえず薬を飲んで様子を見ましょう。」とおっしゃられました。ホッ!

そんで出た薬がこちら。

抗生物質!!

そして痛み止め。

3日間これで様子を見てみることに。現在は薬を飲んで2日目。

少し腫れや痛みが引いてきた気がします。

結果どうなったかは、また追記しますね。

●まとめ●

初めて経験した『滑液包炎』

くるぶしの上あたりに出来ましたが、これがめちゃくちゃ痛いです。

病院に行く際は、整形外科に行って下さいね!

病院によって治療法は様々ですが、私は『抗生物質で治す』ということになりました。

皆さまもどうぞお大事に・・。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

asapon

四国在住、30歳で第一子を出産した新米ママ。 アトピーを持っていまして、現在脱ステ7年目(ステロイドをやめる治療法)中です☆アトピーはすっかりキレイになりました! 妊娠から出産、育児、アトピーについての情報を主に発信しています。