お家で作る『釜玉うどん』の食べ方!地元四国民がお伝えします。

四国は麺の消費量が日本でも1番多い地域では無いでしょうか?

香川のうどんに、徳島ラーメン。どちらも全国に名を馳せた料理だけにお店も乱立状態です。

さて今回はそんな麺どころ四国から、お家で出来る釜玉うどんの作り方についてお伝えします!!

安くて簡単で早いと3拍子揃った釜玉うどんについてご紹介します。

釜玉うどんの材料

冷凍うどん(筆者は太めが好きです)

有名なカトキチと言うブランドの冷凍麺があります。

【参照:テーブルマーク株式会社】

この冷凍麺はかなりオススメ。
麺を茹でて冷凍してあるだけなので、添加物が入っておらず安心して食べられます。

しかもスーパーで5食入り298円とか、安売りで198円とか、とにかく安いので気兼ね無くストック出来ます。

ネギ

ネギは四国のうどんには欠かせません。ネギの風味が加わると、卵とだし醤油だけの釜玉うどんの単調な味わいに変化がついてとても美味しくいただけます。

醤油

醤油は店頭ではだし醤油が用意されてるんですが、家庭用でだし醤油は中々置いてない家の方が多いと思います。なので普通の醤油で大丈夫!

だしの素粉末

【参照:味の素株式会社】

だし醤油の代用となるのが粉末のだしの素。
これがまたとても便利なんですよね。

やや少なめにして置いて、食べながらだしの量を増やしていけますので少しづつ継ぎ足してみましょう。ただし!入れ過ぎは注意です。

主役です。

釜玉うどんの作り方

作り方はいたって簡単。ではやってみましょう。

1.沸騰するまでお湯を沸かす

2.その間にドンブリに卵を割り、だしの素の粉末を少々入れる。(この時卵はかき混ぜてはいけません。)

3.沸騰したお湯に麺を入れます。
何玉でも好みで茹でる事が出来ます。卵はうどん1玉につき1個くらいが目安です。

4.茹で上がった麺をドンブリへ
ここがポイント!
この時できるだけ素早く、熱々の麺をドンブ
リに入れます。この時にここが重要なんです
が、麺と白身だけをかき混ぜましょう。
この段階で黄身のところを潰してしまうと泡
立って食べにくくなります。
白身と麺だけを混ぜるようにしていくと、熱
で白身の部分がトロトロのいい感じになりま
す。

5.最後に醤油、ネギ、一味などを振って完成。

冷凍うどんはけっこうコシがあって、店のうどんに近いものがあります。

この方法で作る釜玉うどんは、家で作ってもけっこう店の味に近いものがあるので十分満足頂けると思いますよ。

●まとめ●

釜玉うどんはお家で作っても店の味が再現しやすく、リーズナブルです。

調理も簡単ですし、素早く出来ますから、忙しい主婦や一人暮らしの方にもおススメします。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

asapon

四国在住、30歳で第一子を出産した新米ママ。 アトピーを持っていまして、現在脱ステ7年目(ステロイドをやめる治療法)中です☆アトピーはすっかりキレイになりました! 妊娠から出産、育児、アトピーについての情報を主に発信しています。