2歳から一時保育に通わせて良かったことは?週一回でも大きな成長が!

2歳2ヶ月から週一回の一時保育に通いだして半年、最初は慣れずに泣いてしまったり色々ありましたが・・

一時保育、2歳2カ月の息子の2回目の様子。1回目は泣かなかったのに・・・

それでも通わせて良かったなぁと思える大きな成長が見られています!

通わせて良かった理由とともに、息子の成長を記録してみたいと思います。

これまでの一時保育の記録も合わせてどうぞ。

2歳2ヶ月息子の一時保育の様子と、泣くときの対処法は?寂しさいっぱいでも、割り切って通ってくれるように・・。

一時保育、3ヶ月目の様子。2歳半を目前に成長が見られてきました。給食も完食へ!

週一回の一時保育、5ヶ月目。2歳半の息子の様子。ようやく慣れて楽しめるように!きっかけは?

一時保育、週一回でも大きな成長が!

言葉(語彙)が確実に増えた

言葉の成長が緩やかだった息子。

保育園に通いだしてからというものの、めきめきと言葉が上達していきました。

やはり同じ年頃の子どもの力って凄いですね!負けず嫌いの息子の性格が功を奏したのかもしれません。

大人とも普通に会話が出来るようになり、保育園での1日の様子を教えてくれるようにもなりました。

「保育園に通い出すと一気に喋るようになるよ〜」とは聞いていましたが、どうやら本当だったようです。

たった週一回でも大きく変化があったので、これが週二回や三回だともっともっと言葉の発達に影響が出るんだろうなぁ〜。

保育園で『会話する』という刺激を受けてきていることは間違いないです!

「貸して」「どうぞ」が上手に

息子は一人っ子なので、おもちゃは自分1人で思うように遊べる環境にあります。

おもちゃを取られて泣く・・という経験は、家の中ではなかなか出来ないものです。

でも保育園に行くと、同じ年頃の子どもたちがいっぱい!

自然と貸したり借りたり、譲り合って遊ぶことが身についている気がします。

「今日お友達に貸してって言えたよ!」「どうぞ出来たよ!」

と嬉しそうに報告してくれる息子を見ると、本当に成長したな〜と思いますね。

皆と仲良く遊ぶ協調性が出来たのは、一時保育に通って良かったと思える大きなポイントです!

手洗い、挨拶などのマナーも学べる

家だと緩くなりがちな日常も、保育園ではしっかり学べる良い機会です。

手の洗い方を完璧にマスターしてきたのを見た時はビックリしました。

「こうして、こうやって…」と、手の洗い方を教えてくれる息子。(今まで雑に洗っててゴメンよ〜汗。)

先生が教えてくれた!と得意げ。

「いただきます!」「ごちそうさまでした!」の食事の挨拶ももきちんと言えるようになりました。

本が大好きに

息子が通う保育園は、特に読書の時間を大切にしているようです。

午前と午後の時間に必ず本を読むみたいで、「今日は動物の本見たよ!」とか色々教えてくれます。

家でも「さぁ本読も〜っと!」と、1人読書タイムをしていたりするので、それは本当に嬉しい変化ですね。

子どもでも画面を見ることが多くなっているこの時代、本を大切にしてくれる保育園は有難いなと思います。

●まとめ●

初めは保育園に慣れずに泣いていた息子。

泣く息子に後ろ髪引かれながら、『これで良かったのか』と胸を痛めることもありました。

でも半年経った今では、保育園に週一回でも通わせて良かったなぁと感じています。

今では『保育園、楽しいよ。』と言ってくれるまでに!(ママを悲しませないために、若干気を遣ってくれているような気もしますが…)

1番の収穫は協調性が身についたこと、また言葉がめきめきと上達したことなどです。

一時保育は子どもの成長を大きくしてくれる良い機会です!

通わせようか迷っている親御さんの参考に少しでもなりますように。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

asapon

四国在住、30歳で第一子を出産した新米ママ。 アトピーを持っていまして、現在脱ステ7年目(ステロイドをやめる治療法)中です☆アトピーはすっかりキレイになりました! 妊娠から出産、育児、アトピーについての情報を主に発信しています。