2歳2ヶ月、初めての一時保育の様子。泣かない子は母の愛情不足?

2歳2ヶ月になる息子。
4月から、週1回のペースで一時保育に通うことになりました。

先日、泣くこともなくその記念すべき一回目を迎えましたので、感想を書こうと思います!

また、『泣かない子は母の愛情不足なのか?』についても説明します。

初めて入る一時保育の部屋

事前に見学はしていましたが、実際に一時保育の部屋に入るのは初めてだった息子。

大丈夫かな〜とドキドキしながら一時保育のお部屋へ。

息子が通う保育園は一時保育だけのクラスがあって、1歳〜3歳位の8人程の子どもたちが一緒に過ごします。

すでにもう何人かのお友達が来て遊んでいました。

パッと見る限り、3歳くらいの男の子が3人、息子と同じ2歳くらいの女の子が2人、1歳半くらいの女の子が1人‥といった感じでした。

男の子たちは既に木製プラレールで遊んでいて、息子も一緒に遊びたそうにしていました。

しかし!なぜか1歳半くらいの女の子の所へ行き、絡んでいこうとする息子(笑)

あとで先生に聞いたところ、その後はプラレールや汽車で楽しそうに遊んでいたそう。ホッ。

一時保育で全く泣かなかった息子

今までも何度かママと離れて過ごすことはありました。

義理実家で2時間ほど見てもらったり、通っている幼児教室では1時間の母子分離が始まっています。

これまでその全てで、息子が泣くことがないのです。

いつもは少しのことで大泣きする泣き虫くんのはずなのに、ママと離れる時は涙を見せない息子。

幼児教室の母子分離が始まった時も、最初は息子以外の子どもたち皆が大号泣。
それを横目に、ササッと入って先生にカバンを渡す息子。

迎えに行くとほとんどの子どもが泣きべそをかいて、ママに抱きつくのですが‥
息子だけは、「お帰りぃっ!」って感じ。

心強いような、どこか寂しいような。

でもさすがに初めて通う保育園。

何時間もママと離れたらそりゃ少しは泣いてることでしょう。
てか、泣きわめいてたらどうしよう(泣)

…なんて気になって仕方がないので、少し早目にお迎えに行くことにしました。こんなに離れたことは今までないので、早く息子にも会いたかったのもあります。

案の定寂しくて泣いている子がチラホラいて、もしかしたら息子も泣いてるかも!!と、急ぎ足で教室へ。

「息子よ〜!」と、部屋に入ると息子、コチラをチラ見。
たたたーっと笑顔で駆け寄ってきました。

ギュ!寂しかったんだねぇ。

感動の再会を‥なんて束の間。まだ帰りたくないぞモード全開です。マジか。

ママを手洗い場まで連れて行き、『ここで手を洗って、泡泡してー‥』って身ぶり手ぶりで得意げに教えてくれる余裕の息子。

先生曰く、「1回も泣くことなく頑張りましたよー。ゴハンもほぼほぼ食べました。朝は少しだけ寂しそうでしたが、楽しそうに遊んでいましたよ!次からはもう少し長く預かりますよー。」

との事。

泣かずに偉い!頑張った!
でも母は少し心配にもなります。
もしかして愛情が足りず泣かないのだろうか・・。

そこで、『一時保育泣かない子』で検索してみました。

やはり同じように不安に感じ、相談しているお母さん達も多いみたい。

そこで、嬉しかったアンサーがありましたので参照させてもらいますね。

一時保育で泣かない子の特徴

こんな声がありましたのでご紹介します。

心配ありません
保育従事者の経験あり。
3人の子を育てました。(全員成人しました)

初めての託児でご心配だったのでしょうが拍子抜けしたぐらい自立心のあるお子さんのようですね。
たしかに母親とはなれてもさほどショックを感じないように見受けられる子がたまにいますが、決して母親を必要としていないわけではありません。
どちらかといえば自己主張、というか自我の強い傾向のある子は新しい環境においても物怖じしないところがあります。
概して賢いというか頭のよい子に見受けられます。自分の行いに自信がもてるのです。
ご両親が子供の立場や要求に理解が深いということもありますので、不安になる必要はないと思いますよ。
ただ、時間がたつにつれ子供同士のなかで摩擦がおきやすい傾向があるかもしれませんので上手にコントロールできるよう見守ってあげてください。
反面なかなかなじめない子(はじめの1週間ぐらいよく泣くとか)は性格的に素直で時間とともに保育者になつきます。やさしく協調性もあります。
どちらにしてもこどもにはそれぞれの個性があるもの。元気に通っていらっしゃるなら心配ありませんよ。

参照:発言小町

大丈夫、大丈夫。逆ですよ。
生まれてから今まで愛情をたっぷり注いできたからこそ、安心して園と言う社会集団に入っていけているのです。
自信もってください。
お母さん思いの優しいお子さんじゃないですか!ひとは新しいことに向かうとき、とっても勇気がいるんです。
勇気のもとは、安心感や自信です。
でも安心感の感じ方は個人差があります。
泣かなくても大丈夫な子は、精神的にちゃんとお母さんとつながりを感じられるのかもしれません。
園のなかに自分の居場所をすでにみつけているのかもしれないし、
先生と信頼関係を築けているということもあります。
では泣き虫さんがそうではないかといえば、
そんなこともありません。
お母さんに泣いて甘えることで、より安心感を覚えて、
楽しく園生活に向かえる
儀式みたいなものかもしれませんね。

参照:Yahoo!知恵袋

との事。

なるほど!確かに息子は自己主張がハッキリしていて、自我が強いタイプです。

義理実家に預ける時もとても小さい時から、『今はママと別れてここにいる時間なんだ。』と割り切っているように見えました。

義理のお母さんもそのことについてはとてもビックリしていて、凄い!とよく褒めてくれています。

泣かない子は、物事をよく理解するタイプなのかもしれませんね。

離れなければいけない場面ではとても心強いのですが、その反面、とても気が強いので困ってしまう場面も多いです。

泣く子、泣かない子。
それぞれ良し悪しがあり、それぞれの個性なんだなぁと納得です。

決して愛情が不足している訳ではないんですね!安心しました。


●まとめ●

初めての一時保育。
泣くこともなく終えることが出来ました。

泣かない子は母の愛情不足なのか少し心配にもなりましたが、どうやらそんなことはないみたいです!
泣く子も泣かない子も、それぞれに良い面があるようですね。

一時保育を通して息子がどのように成長していくのか、これから楽しみです。

スポンサーリンク

2 件のコメント

  • 元保育士です。そうですね、泣かないからといって愛情不足ではないと思います!義理の親のところで2時間遊んだりとかもされてたから、ずっと母親と離れたことのないお子さんよりも離れても平気なのかもしれませんね。でも、後から寂しさが出て来るという子もいます。今はまだ慣らし保育で短いから楽しいおもちゃで遊んでいたらあっという間にお迎えになってるけど、そのうちわかって来たら後から泣くっていうパターンもあります。もちろん全く泣かない子もいます。その辺のお子さんの様子をしっかり見てあげたら安心して慣れると思いますよ♪偉そうなこといってすみません♪でもお子さんは頑張ってますね♪♪愛情は十分だと思います!

    • みんちのたまご日記様

      コメントありがとうございます!
      元保育士さんなのですね(^ ^)保育士の経験がある方からそう言っていただけるとホッとします。
      確かに、後から『寂しい』っていう感情が出てくるかもしれません…。
      明日が2度目の一時保育の日、しかもお昼寝まで過ごすことになっているんです。大丈夫かなぁと少し不安ですが、子どもの様子をしっかり見てあげたいと思います★
      とりあえず今日は、「明日は保育園の日だよ。ママとバイバイして遊ぶ日だよ。」と何度も伝えるようにしました。
      偉そうだなんて、とんでもありません(^-^)とても温かいアドバイス、ありがとうございます♪
      愛情は十分だと言っていただけて嬉しいです♡

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    asapon

    四国在住、30歳で第一子を出産した新米ママ。 アトピーを持っていまして、現在脱ステ7年目(ステロイドをやめる治療法)中です☆アトピーはすっかりキレイになりました! 妊娠から出産、育児、アトピーについての情報を主に発信しています。