北海道沖で巨大地震が切迫!発生周期や確率は?規模は?

2017年12月19日に、政府の『地震調査研究推進本部』が北海道沖でM8.8クラスの巨大地震が切迫しているとの発表がなされました。

この北海道沖の巨大地震の確率はなんと30年以内に7〜40%!
これヤバいんじゃ・・・

北海道沖の巨大地震について調べて見ました。規模や確率、周期などについてお伝えします。

北海道沖の巨大地震とは

『北海道の巨大地震』とは北海道に近い千島海溝付近で発生が予測される地震のことで、この付近で懸念されている3つの地震が連動した場合の最悪の状況の事を指しています。

ここでまず、3つの地震のそれぞれ1つずつについて解説します。

この付近での地震は大きく3つに分けられています。(1番上の段の発生場所ごとに解説)

引用: https://www3.nhk.or.jp

十勝沖地震

十勝沖地震はこれまで周期的に地震を繰り返しており、1843年、1952年、2003年とM8クラスの大地震が発生しました。

十勝沖では17.5年の周期でマグニチュード7クラスの海溝型地震が、27.3年周期でマグニチュード7〜8クラスのスラブ内地震(深発地震)が発生します。

過去170年間では3回ほど、マグニチュード8.0以上の巨大地震が起こり、昭和27年の3月に起こったマグニチュード8.2の地震では、北海道厚岸町で6.5メートルの津波が発生しました。

平成15年9月に起こったマグニチュード8.0の地震でも、北海道東部で震度6弱の揺れを観測し、えりも町では4メートルの津波が発生しました。

今回の政府の発表で十勝沖地震が単発でプレート間での巨大地震が起きた場合マグニチュードは8〜8.6程度と規模で言えば1番大きいとされ、確率は7%と千島海溝付近の地震の中では確率は最も低いとされています。

根室沖地震

北海道根室半島の南東沖で発生する地震で、2つの周期で地震が起きています。

1つはマグニチュード7.9前後の地震で、発生間隔は70年ほど。

もう1つはマグニチュード7クラスのもので、発生間隔は20年ほどのものです。

いずれもプレートがもう一つのプレートの下に沈み込む事で起こる海溝型の地震です。

昭和48年に起こったマグニチュード7.4の根室半島沖地震では津波の高さが根室市花咲で2.8メートルにも達しました。

今回の政府の発表で、根室沖単発ではマグニチュード7.8〜8.5。

30年以内に地震の起こる確率は70%と、プレート間での巨大地震では最も確率が高いようです。

色丹島沖、択捉島沖地震

過去120年でマグニチュード7.3以上の地震が計5回起きていて、昭和38年10月にはマグニチュード8.1の地震が発生。択捉島で4メートルの津波が発生しました。

今回の政府の発表で、マグニチュード8.5前後、30年以内に60%と、こちらも高い数字が弾き出されました。

その他の地震

そのほかにもひとまわり小さい(といっても巨大なんですが・・・)マグニチュード7.5程度の地震などもあり警戒が必要です。

プレート内の浅いところで起こる地震についてもマグニチュード8.4、30年以内に30%の発生確率と高い数字が想定されています。

このように千島海溝付近ではプレート同士が重なり合っているために、過去にも大きな地震に度々見舞われてきました。

一つ一つの地震でもかなり巨大地震なのに、これらが連動して起こる超巨大地震が発生するのです。

この超巨大地震は350年前後(340〜380年)の周期で発生していましたが、なんと現在では前回の地震から400年間発生していないためかなり不気味な状態なのです。

北海道沖の連動型の巨大地震の規模は?

北海道沖の巨大地震つまり千島海溝沿いの様々な地震が連動した場合、最大マグニチュード8.8程度という事です。

これは近年には東日本大震災に匹敵する超巨大地震の規模であり、かなりの警戒を擁する地震になります。

強い揺れが広範囲に及び、また広い沿岸部では巨大な津波も押し寄せるためかなりの警戒をしておく必要があります。

東北大学の今村文彦教授は、
「巨大地震が起きると、北海道では東日本大震災と同じように20メートルを超えるような津波が広い範囲で起こる可能性が高い。海溝沿いにある東北北部でも大津波の恐れがある」
としています。

実際17世紀に起こった大地震の際には、高さ18メートルのところで津波の痕跡が発見されています。

産業技術総合研究所の宍倉正展グループ長も、
「地震で揺れている最中に津波が到達する可能性がある」
事を指摘。つまりM9クラスの揺れと津波のダブルパンチとなる可能性があるようです。

北海道沖の巨大地震の確率は?

北海道沖の巨大地震が今後30年以内に起こる確率は・・・

7〜40%

と発表されました。

北海道沖の巨大地震の周期は?

先ほども触れましたが、連動型の超大型地震は17世紀型とも言われる通り、350年前後の周期で発生しています。

この超巨大地震は前回から400年以上が経過していますが、まだ発生していないためかなり危険であると言えます。

この前回の17世紀になぜ巨大地震が起こったことが分かるのかと言うと、それは地質調査による堆積物を調べる事で分かります。

17世紀に起きた津波によって内陸部に運ばれた砂などの堆積物を調べる事で、前回に起こった巨大地震を知ることができ、それ以降発生していませんので今回の発表に至りました。

想定外を無くせ!

今回の評定で専門家は過去の震災の経験から、「想定外をなくす」事を前提に、被害想定をまとめ、科学的知見を総動員して策定されました。

東日本大震災でクローズアップされた言葉が「想定外」という言葉でしたね。

確かにあの地震は想定をはるかに上回っていたために、巨額の資金を投じた防波堤や防潮堤も用をなさず、また福島第1原発の悲惨な事故も招きました。

これ以降「想定外」では済まされない事を政府も認識し、様々な地震想定マニュアルが改変されてきました。

これまでは地震があった事を示す証拠を発見しても、まさかこんなはずはないという思い込みもあったようです。

しかしやはり証拠を直視し、想像しうる最悪のパターンを前もって知ることは恐怖ではありますが、いざという時の備えをするためには必要なことなのです。

これから政府は今回の発表を元に、震度予想や津波の高さ、到達時刻、範囲などを策定し直すはずですので細心の注意を払いましょう。

●まとめ●

今回の北海道沖の巨大地震に関する政府主導の地震想定は衝撃的なものでした。

もちろん政府もいたずらに恐怖心を煽りたいはずはありません。
にも関わらず、こんなショッキングなデータを公開するという事は・・・

やはり日頃の備えが大切でしょう。

これまでの避難経路や避難場所は、今回のデータを機にもう一度見直される方が良いでしょう。

念には念を入れて避難場所は絶対安全と言えるところを決めておいたり、避難ルートの確認、移動手段、家族との連絡方法、持ち出し袋の確認等々しっかり準備しておきましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

asapon

四国在住、30歳で第一子を出産した新米ママ。 アトピーを持っていまして、現在脱ステ7年目(ステロイドをやめる治療法)中です☆アトピーはすっかりキレイになりました! 妊娠から出産、育児、アトピーについての情報を主に発信しています。