腹6分目ダイエットの効果!アンチエイジングにもすごい働き。やり方やコツお伝えします。

腹6分目ダイエットを聞いたことがおありでしょうか?

腹8分目では無く、腹6分目。

いつも満腹になるまで食べている人にとってはかなり少なく感じるかもしれませんが、ダイエットアンチエイジングにと、ものすごい効果を発揮するんです。

そんな腹6分目ダイエットの方法と効果をお伝えいたします。

腹6分目ダイエットとは?

腹6分目ダイエットはその名の通り、一度に食べる食事の量を腹6分目まで減らすダイエットの事です

私旦那もかれこれ1ヶ月以上腹6分目ダイエットを実践してきました。

MAX78.4キロあったのが1ヶ月で75.2キロまで落ちました!!

【その時の詳細はこちら】

1ヶ月でマイナス3キロのダイエット方法とは?運動なし30歳後半アラフォー男がダイエットしたったゼ!

腹6分目と聞くと大変そうに聞こえますが、それを辛くないように過ごすためのコツをお伝えしますね。

腹6分目ダイエットのやり方

腹6分目ダイエットのやり方はとても簡単!

一度の食事の量を60%に減らすだけです。

食事の量をはじめから少なめに盛り付け、まずはゆっくりと時間をかけて食べましょう。

いつもと比べて物足りなく、まだまだ食べれるというところで終わります。

そうすると食後にだんだん満腹中枢が働いてきて、お腹が丁度いい感じになってきます。

この感覚を是非覚えてください。
そうすれば毎回腹6分目がどのくらいの量かを感覚的に掴むことができて、効率よく痩せていくことが出来ます。

腹6分目ダイエットのコツ

盛り付けは自分専用にする

家族で一緒に食事をされている場合、大皿に盛り付けてみんなで取って食べるかもしれませんが、腹6分目ダイエットをしている方にはこれは結構誘惑となります。

食べている最中に満腹感を感じることはないので、ついつい食べ過ぎてしまうのです。

食事の前にあらかじめ自分の分量を取り分けておく事がダイエット成功には大切です。

家族に宣言し、誘惑の声に断固拒否する

もしご家族と生活されているなら、腹6分目ダイエットをしている事を高らかに宣言しておいた方が良いでしょう。

目標に達するまでは腹6分目しか食べない事を、念を押して宣言します。

家族は善意からもっと食べるように勧めてくると思いますので、断固拒否してください。

私旦那も若干キレ気味に断っています(笑)

食間の空腹時をうまく乗り切る

腹6分目ダイエットで辛いのは食事時だけではありません。

食事と食事の間、食後2時間くらい経った頃が一番お腹が減って苦しい時間帯です。

この時間帯を上手に乗り切りましょう。
チョコレートや甘いものは満腹感を感じさせますし、脳に必要な糖分も補給できます。

食後が40%もカットされているわけですから、少々の間食ぐらいなんて事はありません。
なので、好きなものを(少しだけ)いつでも食べられると思ってください。

このように発想を変えるだけで、ダイエットのストレスをかなり軽減できます。
(私旦那もコンビニでオヤツを買い食いしております)

汁物を増やしてお腹をごまかす

空腹時は水分をよく取ってお腹をごまかしましょう。

メリットを意識する

腹6分目のメリットは後述しますが、とにかくいい事だらけ!

金銭的に節約になりますし、体型はみるみるスレンダーに!

続けていると慣れてきて、食事がとても美味しく感じられるようになったりと良い事だらけです。

また、たまには贅沢してお腹いっぱい食べる日があってもいいと思います。
目標を達成した日、月に2回などなど…自分で自由に決めていいですからストレス軽減になります。

腹6分目の嬉しい効果

次に腹6分目ダイエットの副産物とも言えるメリットについてお伝えしましょう。

長寿命

ある研究では、腹6分目にした時が動物にとって最も寿命が伸びると言われています。

長生きされている方の食事を見てみると、やはり一般人からは少し少ないんじゃないの?と思うくらいしか食べておられません。

現代人のように食物が飽和状態で、しかも脂っこい高カロリーなものが体に良いはずはありません。

成人男性であっても、1日に必要なカロリーは1500〜2000キロカロリー位です。(もちろん1日の活動量によって異なってきます)

にもかかわらず、現代では普通に2000キロカロリーを軽くオーバーするような食生活を送っている人が大半です。

高カロリーな食生活はそれだけ消化に費やさなければならず、内臓を酷使しますし、生活習慣病の引き金になることは間違いありません。

サーチュイン遺伝子の活性化

サーチュイン遺伝子とは1999年に発見された長寿命、抗老化遺伝子と言われており、この遺伝子を活性化させることによって生物は寿命を伸ばせると言います。

またこの遺伝子の効果は他にも動脈硬化、心不全、慢性閉塞性肺疾患、2型糖尿病、肥満などに効果があると言われています。

このサーチュイン遺伝子は腹7分目くらいが最もよく働くと言われていていますので、腹8分目ではなくさらに踏み込んで腹6分目が良いのです。

美肌、アンチエイジング

腹6分目ダイエットをしていると、空腹時にとにかくお腹がよく鳴ります!笑

お腹ってこんなに鳴るんだな〜と思うくらい。

これは満腹に鳴るまで食べている人には分からないかもしれません。
本当に空腹になってお腹が鳴る前にまた次の食事の時間がやってくるからです。

この飢餓状態の空腹感がサーチュイン遺伝子を活性化させ、傷ついた細胞を修復し肌を若々しく保ちます。

その効果は計り知れず、シミ、たるみ、シワ、くすみなど肌トラブル、年齢トラブルに広範囲に効果的です。

また男性の薄毛もサーチュイン遺伝子の修復作用で改善されるとの報告もあるようです。

尚サーチュイン遺伝子の活性化は腹6分から7分で働き始めるわけですが、この生活を辞めてしまうと元どおり働きが悪くなりますので、やはり腹6分目生活を長く続ける工夫が必要です。

●まとめ●

腹6分目で慣れてくると以前の量が食べられなくなるくらい体が仕上がってきます。

食事の量が減るわけですから、そのぶん質を上げて美味しいものを食べてもお金は同じ!

日中も少々間食しても罪悪感なし。

まさにいい事だらけです。
これまでどんなダイエット法も効果が無かったのですが、腹6分目ダイエットはまだまだ続きそうです!

【関連記事はこちら】

腹6分目ダイエットで健康診断の数値が大幅に改善したよ!その概要とは?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

asapon

四国在住、30歳で第一子を出産した新米ママ。 アトピーを持っていまして、現在脱ステ7年目(ステロイドをやめる治療法)中です☆アトピーはすっかりキレイになりました! 妊娠から出産、育児、アトピーについての情報を主に発信しています。