ハーバリウムの知っておきたい特徴やお手入れ、処分の方法、更に寿命とは?贈り物としても大人気!

ハーバリウムが今、かなり話題になってますね。

最近では、ハーバリウムを置いてない雑貨屋さんが珍しいほど!

お店によって置いてるハーバリウムのデザインや大きさが違うので見てるだけで幸せな気持ちになります

最近は、ギフトとして贈る方が本当に多いです!もらって嬉しいこと間違いなしのインテリア雑貨!

今回は、そんなハーバリウムの知っておきたい特徴、お手入れや処分の方法、更に寿命なども紹介していきたいと思います。

ハーバリウムの特徴

(画像参照:楽天市場)

そもそも、ハーバリウムってなんなの?って思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ハーバリウムとは「植物標本」のこと。

ハーブ(植物)とアクアリウムを合わせた言葉からきています。名前からして素敵ですよね〜。

そして気になる中身ですが、植物標本というだけあって、瓶の中に特殊なオイルを入れて、様々な色や形のドライフラワーやプリザーブドフラワーを入れたものです。

瓶を上下に動かすと微かに中のお花がゆらゆらと揺れて、とっても綺麗です。

透明な瓶の中に綺麗なお花が浮かんでるのは、なんと言っても幻想的で素敵。時間があるとずっと眺めたくなります。

『忙しくって生花って毎日の水の入れ替えが大変…』『落ちてくる花の片付けが…』

なんて私を含め面倒くさがりには嬉しい限りです。

高温多湿な場所でなければ、どこに置いてもOKなのはポイントが高いですね!

そして忙しい毎日だからこそ、ふとした瞬間に目に留まる場所に花があると気持ちが穏やかになります。

さらに自然のものを使用しているため、ものによってはお花の配置や色味が違ってたりして、自分だけのハーバリウムを楽しめるのも人気の理由ですね。

ハーバリウムのお手入れ方法

(画像参照:楽天市場)

普通の生花とは違い、お手入れもいらず、長期間にわたって美しくお花を楽しむことができます。

ただ、注意点もいくつかあります。

直射日光が当たるところは、お花の退色が激しくなるのでおすすめしません!

そして、瓶を開けてしまうのもお花の退色や劣化を早めてしまうため開けないようにしましょう!

中に入っているのはオイルですから、火気の近くには置かないようにすることも大切です。

また小さなお子様がいるご家庭では、間違って子供がオイルを誤飲しないように子供さんの手の届かないところに置くようにしましょう。

ハーバリウムの処分方法

ハーバリウムの変色が激しくなってきたら、名残惜しいですが…食用油と同じように古紙や新聞紙にオイルを染み込ませて可燃ごみとして廃棄すればOK。

瓶は住んでいる自治体の捨て方に沿って処分すれば良いので、簡単です。

オイルのまま廃棄しないよう注意が必要です!

ハーバリウムの寿命や期間は?どのくらいもつの?

(画像参照:楽天市場)

素敵なハーバリウム。

店舗で買うものはお店にもよるかもしれませんが大体1年くらいです。

『1年か…ちょっと寂しい…』と思うかもしれません。

しかし約7日が寿命の生花を思うと、約365日の寿命で、お手入れも、落ちた花の片付けもいらないハーバリウムを思うと…ってところですよね。

そしてお花の退色も自然素材のいいところ。

退色していくお花を眺めるのもお楽しみください。

1年経っても目立った変色や枯れが見当たらない場合はそのまま飾ってもいいですしね!

最近では、自分で瓶選びから入れたいお花を選んで手作りするのも大人気です!

自分だけのハーバリウムを作ってみるのもいかがでしょうか?

こちらには作り方も丁寧に説明されていますよ。↓↓

ハーバリウムは贈り物としても人気

結婚、出産、お祝いetc 贈り物を送る機会が多いですが、そんな時にもハーバリウムは手軽で、大変喜ばれる贈り物。

どれを贈ろうか選んでる最中も、可愛いハーバリウムは贈る側の気持ちも満たしてくれます。

ハーバリウムと言っても瓶の形も、お花のお色も本当にいろいろ!!

贈る用途に合わせて瓶の形を選ぶのもいいかもしれませんね。

●まとめ●

お花のある生活とない生活では、毎日の過ごし方が全然変わってきますね。

ハーバリウムは玄関、寝室、リビング、キッチンetc お家のどこに置いても、場所を選ばないインテリア。

是非、素敵な毎日を送りましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

asapon

四国在住、30歳で第一子を出産した新米ママ。 アトピーを持っていまして、現在脱ステ7年目(ステロイドをやめる治療法)中です☆アトピーはすっかりキレイになりました! 妊娠から出産、育児、アトピーについての情報を主に発信しています。