グレー(灰色)が好きな人の性格や特徴。男性や女性の性格や、適職について。

グレー(灰色)と言えば、あまり目立たない渋い感じをイメージしますが、実際のところはどうなのでしょうか?

グレー(灰色)が好きな人の性格や特徴、男性や女性の性格違い、適職について解説します。

赤色が好きな人はこちら

ピンク色が好きな人はこちら

青色が好きな人はこちら

黄色が好きな人はこちら

オレンジ色が好きな人はこちら

緑色が好きな人はこちら

紫色が好きな人はこちら

茶色が好きな人はこちら

黒色が好きな人はこちら

白色が好きな人はこちら

グレー(灰色)の特徴

グレー(灰色)は言うまでもなく『黒と白を足した色』であるため、どちらにも染まりやすい、影響を受けやすい色であると言えます。

よく物事が黒か白かはっきりしない事を『グレーゾーン』とも呼ぶように、黒と白の中間色として無くてはならない存在です。

このグレー(灰色)と言う色は周りを引き立てる存在で、グレーと一緒に使われるカラーは映えるため、ファッション界でもグレーは重要な色と言えます。

モダンな建物にもよくグレーが使われたりもしていますね!

落ち着きや上品さを思い起こさせる一方で、暗い雨や陰鬱、無機質さなども連想させる色です。

グレー(灰色)の好きな男性の性格と適職

男性でグレー(灰色)が好きだという方は、『常に全体のバランスを考えるタイプ』で真面目な方が多いようです。

道理をわきまえ、控えめにポジションを保ちながら組織の役に立とうとするタイプです。

しかしながらその経営手腕はかなり高く才能があるため、組織の中で大きな力を発揮し高く評価されますし、万人から愛される人物です。

そんなグレー(灰色)を好む男性の適職は、企業経営者か経営陣の一員。

特に、リーダーになればなるほど良い影響を組織に与え、活性化させ経営手腕を発揮して行きます。

また知的な職業や優れたビジネスマンも向いているでしょう。

グレー(灰色)の好きな女性の性格と適職

グレー(灰色)が好きな女性もやはり控えめで奥ゆかしいところがあり、趣味はかなり洗練されている人が多いようです。

女性の場合もやはりバランス感覚に長け、経営能力や手腕があるために社会でも活躍しています。

女性の場合の適職は、共同経営や秘書、弁護士、会計士、税理士、教育者や文学者など、知的作業を求められる分野で活躍することが多いようです。

グレー(灰色)が好きな人の性格と特徴

グレー(灰色)は黒と白の混色であり、用心さや妥協を表す色です。

常に自分のエネルギーを消耗することなく、心の平和を探し求めています。

グレー(灰色)を好む人は興奮や俗事を避け、冒険を好まず、報酬を望まずにひたすら懸命に尽くすことのできる人です。

デリケートな神経の持ち主で、常に慎重、真面目、分別がありバランス感覚を保とうとしますが、しばしば経営能力が認められるようになり成果が上がり出すとオーバーワークに陥りがち。

若い人でグレー(灰色)を好む人の中には、現実から目をそらし、価値あるものを放棄し、洞察力を鈍らせて脱個性派になる者もいるようです。

受け身でエネルギーがなく、無気力に見えて周囲からはやる気が無いように映ることも…。

しかし一度決心すれば、周りのカラーを全て自分の色にすることのできる吸収力があり、エネルギーを湧き出させ快活になれます!

休息をしっかりと取って回復したり、太陽や海の色を取り入れることで新しい活力を得ることができます。

グレー(灰色)を嫌う人は、グレーに無関心なのではなく、変化の無い今の生活にうんざりしている人に多く、きらびやかで豪華な快楽主義の人に多いようです。


●まとめ●

グレー(灰色)それ自体が単色で使われることはあまり無いかも知れませんが、何かのカラーを引き立てたい時にグレーは無くてはならない存在です。

グレーを好きな人は控えめでバランス感覚があるため、周りを引き立てて組織を活性化させていきます。

男女共に経営手腕の才能があり、人望も厚く信頼されるでしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

asapon

四国在住、30歳で第一子を出産した新米ママ。 アトピーを持っていまして、現在脱ステ7年目(ステロイドをやめる治療法)中です☆アトピーはすっかりキレイになりました! 妊娠から出産、育児、アトピーについての情報を主に発信しています。