1歳8カ月|抱っこ紐を嫌がるようになった!抱っこでお昼寝、ママの体は辛いです。

うちの息子、1歳8カ月にして抱っこ紐を嫌がるようになってきました!

夜はゴロンの添い寝で寝てくれるのですが、昼寝はまだまだ抱っこマン。

今までは、眠たくなったら自分で抱っこ紐を持ってくる…なんてかわゆらしい場面もあったのですが・・・。

抱っこ紐は嫌!

最近の彼はどうやら違うみたいなんです。

目をこすり出したので、「寝んねする?」と聞くと、「んーん!」と首を振りイヤイヤします。

しかし眠たくてたまらない様子。

それなら強制寝んねだ!と、ママが抱っこ紐を腰に付けたのを見ると、「イヤ〜〜!!」と逃げ出します。

嫌なのか?!と抱っこ紐を腰から外すとニヤリ。抱っこをせがみます。

そう!どうやら抱っこ紐ナシで、普通に抱っこしてもらって眠りにつきたいようなのです。

・・・ってことで、抱っこ紐は卒業!

あぁ〜…こんなにもお世話になった抱っこ紐(泣)大きい大きいと言われ続けてきた息子を、安定のホールド感で守ってくれた抱っこ紐。。。

抱っこ紐の中で眠る息子はもう見れないのかもしれませんね。

なんだか寂しいものです。

因みに使っていた抱っこ紐はコチラ

くじらの柄とネイビー色が可愛くてお気に入りでした♡

抱っこで寝んね!

ってな訳で、ここ数日は抱っこゆらゆらでお昼寝です。

しかも最初は抱っこで寝るのも悔しいのか、泣いて動き回ります。

負けじと母も強めにホールド。そうこうするうちに、息子の目もトローンとしてきます。「それみたことか!」と少し性格悪いママになりつつ、ゆらゆら…(笑)

時にこっちを見て微笑む息子を見ると、トゲトゲしていた心もホッコリ。なんだなんだ、可愛いぞ息子。

そんなことを繰り返しながらも、ずっとゆらゆらも大変!そこで編み出しました、いち早く息子が眠りにつく方法を!

それは小刻みな動き、車に揺られているような動きをすることです。

トントントン、トントントン…

するとだんだん目が閉じてきて、全体重をのせてきた時が深い眠りについた証拠。

そこでやっとベッドに降ろせるわけです。ふぅ。

抱っこでママが辛いこと

それは首と肩と腰の凝りがハンパないこと!

現在13キロある息子。

その体重を抱えて、15分近くも変な動きでゆらゆらしている訳です。

コレ、お米なら放り出しているレベルです。

全ては愛する息子の眠りのため…。

しかし母の体は辛いのです(泣)

あぁ、早くお昼寝もゴロンで寝てくれるようになれば良いなぁ…

願わくば、気が付いたら「アレ?寝てる?」みたいに早くなればいいなぁ…

と、期待に胸をふくらませているところです。

肩凝りや冷えにオススメの入浴剤

冬の時期に我が家で愛用している入浴剤があります。

それが『ゆいの里』のよもぎ湯。

体がしっかり温まり、コレに浸かると凝りも楽になる気がします。

赤ちゃんとも入れるし(よもぎのアレルギーが無いことは確認して下さいね!)、お疲れのママの体にもオススメの入浴剤です♡

 

●まとめ●

2歳を前にして、抱っこ紐を卒業となった息子。

色々と思い出の詰まった抱っこ紐を使わないのは寂しくもありますが、これも成長の証拠ですね。

しばらく母の体は辛いですが、抱っこできる幸せを噛み締めて…(と思うと頑張れますね^ – ^)抱っこでお昼寝タイムを満喫したいと思います!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

asapon

四国在住、30歳で第一子を出産した新米ママ。 アトピーを持っていまして、現在脱ステ7年目(ステロイドをやめる治療法)中です☆アトピーはすっかりキレイになりました! 妊娠から出産、育児、アトピーについての情報を主に発信しています。