母乳は栄養たっぷりで病気になりにくい!成分のメリットやそのすごいメカニズムについて。

母乳のやり方については意見は様々ですが、でもやっぱり母乳はメリットだらけなんですよね。

赤ちゃんができると母乳が出て、赤ちゃんもそれを自然に欲して、さらにそれが赤ちゃんの身体を守る…。

神秘的なまでに良くできている母乳のメリットや影響、メカニズムや成分について解説していきます。

母乳の成分について

母乳には本当に多くの成分が含まれているというのはなんとなく理解できますが、実際どんなものが含まれているのでしょうか?

三大栄養素

まず三大栄養素としてタンパク質脂肪乳糖をあげる事ができます。

これらは体の組織を作り、エネルギー源となり、脳や中枢神経を発達させるのに不可欠な栄養素です。

通常の脂肪は動物性か植物性のものですよね。実はそれらは消化しにくいものなのです。

大人であれば臓器も発達し消化吸収できますが、赤ちゃんには負担です。

その点母乳にはリパーゼと呼ばれる酵素が含まれ、脂肪の消化を助けます。

それはお母さんの乳腺で作られ、母乳と一緒に赤ちゃんは摂取していきます。

すると赤ちゃんの体の中で、わずかな胆汁酸と混じり脂肪を消化します。

お母さんの体と母乳と赤ちゃんの体の共同作業とも言える働きによって、最大限の効果を発揮できるように作られている事を考えると本当に不思議ですし、偉大な事が起きてるんですね。

加えてビタミン類・ミネラル・塩分・ホルモンなどが本当にバランスよく配分されているのですから、まさに神秘としか言いようがありません。

免疫グロブリン

初乳という、出産してから2、3日の間に分泌されるおっぱいの中には少量の免疫グロブリンが含まれます。

その名の通り免疫力を高める点で非常に大切な役目を果たし、母乳の中でも特に初乳をあげた赤ちゃんは丈夫で病気になりにくいのです。

初乳が口から入り胃や粘膜に広がると、細菌やウイルス、アレルギーの原因物質が入ってきても粘膜の中から侵入できなくなります。

ですから最初のおっぱいは特に大切な事が分かります。

その後は免疫グロブリンの濃度が薄くなりますが、飲む量が増えるので引き続き免疫グロブリンを取り入れる事ができます。

さらには口の中、中耳、気管支などの各粘膜にまで広がって感染の防止に役立ち、母乳育ちの子どもは中耳炎や気管支炎も少ないというから驚きです。

アレルギーにも触れましたが、アレルギーを予防するには初乳は欠かせません。

人工乳は腸にガードを作れないため、アレルギーの原因物質が取り込まれてしまうのです。

ラクトフェリン

大腸菌に対して強い抗菌力のあるラクトフェリンに加えて、初乳を飲むと赤ちゃんのお腹の中はあっという間にビフィズス菌という乳酸菌が優勢になります。

ラクトフェリンは腸の中で鉄分と結びつきます。

母乳の鉄分はミルクよりも少ないのですが、吸収効率が良いため問題ありません。

それどころか腸の中の鉄分を減らす事によって、大腸菌が増殖するのに必要な鉄分が無いので大腸菌は抑制されるのです。

実は赤ちゃんは産まれてくる時に一気にお母さんのお腹の中での無菌状態から雑菌にさらされ、まず腸管の中に大腸菌が定着します。

発展途上国では母乳が飲めずに下痢で死んでゆく子どもたちがたくさんいます。

母乳、それも初乳をあげる事がいかに赤ちゃんを守っているのかがよくわかりますね。

タウリン

アミノ酸の一種タウリンが含まれますが、これは脳の発育に重要な役割を果たします。

DHA

DHA(ドコサヘキサエン酸)も人間の脳に不可欠であり、マウス実験ではDHAの多い餌を食べた方が学習能力が高いのです。

先ほど出てきたリパーゼも、知能の高い霊長類のおっぱいにしか含まれないものです。

イギリスの有名な医学誌「ランセット」でも、母乳で育つ赤ちゃんは知能指数が高い事が報告されていますが、こういう理由があったわけです。

●まとめ●

母乳に含まれる成分だけ考えてみても、赤ちゃんの発育にとって必要不可欠な成分が十分に備わっていることが分かります。

人工ミルクでは決して補うことのできない大切な成分がたくさん含まれているので、母乳育児はとても大切であることがわかります。

しかしながら、母乳の出が悪かったり忙しかったり…と、現代では母乳だけで育てると言うのもなかなか大変なものです。

わたし自身も母乳+ミルクの混合育児でしたし、後に完全ミルクへと移行しました。

母乳が出やすい体質や生活習慣、改善方法などもたくさんあるようですね。

これからも、出来る限り母乳育児の力になれるような記事をアップしていきたいと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

asapon

四国在住、30歳で第一子を出産した新米ママ。 アトピーを持っていまして、現在脱ステ7年目(ステロイドをやめる治療法)中です☆アトピーはすっかりキレイになりました! 妊娠から出産、育児、アトピーについての情報を主に発信しています。