アトピーって子どもに遺伝するの?脱ステ6年経過したママの、結婚・妊娠・出産の体験談。

アトピー持ちのママやパパなら、アトピーって子どもに遺伝するのだろうか…

と、気になるものです。

幼少期からアトピー持ちで、大人になっても治ることはなく、完治を目指してついに脱ステを始めることになった筆者。

だいぶ良くなったかな…と感じてきた頃に、結婚・妊娠・出産と至りました。

良くなったとは言え、やはりまだまだアトピーに一喜一憂していた頃。

アトピーが子どもに遺伝してしまわないかと、それはそれは不安でした。

そんな私の体験談を書いてみたいと思います。

・・と、その前にアトピーと私

幼少期からアトピーだった私。

小学生の頃は痒みと共存していたような気がします。

でも、学生時代アトピーで辛い思いもしたことがないし…「アトピー?」と聞かれることもほぼなかったので、きっと軽症だったんだとは思います。

痒くなるのは決まって夏。

あとは ずーっとタンスとかにしまっていた服を洗わずに着た時とか、動物を触って手を洗わずにいた時とか。

年に一度くらい皮膚科に行って、痒くなると貰った薬を塗り塗りしていました。

今思うと、貰った薬は全部ステロイドだったんですね。

でも毎日塗っていた訳ではなくて、たまに塗る程度だったと記憶しています。

24歳の時に、友人のアドバイスをきっかけに脱ステ(ステロイドを止めること)を選びます。

脱ステ後、すぐに症状が出る方がほとんどだと思います。

でも私はすぐには出ませんでした。

毎日薬に頼っていた訳でもないし、脱ステを決めたのが肌の調子が良い冬だったからです。

ちょっと痒くなっても、ステロイドなど塗るまい!と決めて我慢しました。

それから数ヶ月経ち、少しづつ症状が現れてきます。

そしてその年の夏、一気にアトピーが爆発します!!!

まぁ壮絶でした。

消えてしまいたいと何度も思ったし、毎日泣いていました。

あぁ〜あの頃はマジで辛かった…。

その時に出会った治療法に本当に本当に助けられ。(地方から東京にまで通いましたけどね)

脱ステロイドが辛すぎて諦めかけたら是非行ってみてほしい、蔡クリニック。脱ステ期間の短縮にもなるかも。

すぐには完治に至ることはなくても、だんだんだんだんとキレイになってきたのです。

脱ステしてからは、もともとアトピーでもなければ、薬など全く塗ったこともない箇所にも症状が酷く出ていましたが、今はそうした箇所はキレイに治っています!

脱ステ1年目より2年目、2年目より3年目、、、、そして5年目より6年目と、どんどんキレイになっています!!

今は、もともとアトピーだった肘・膝・首・指に残っていますが、これも来年はどれだけキレイになるんだろ〜と今から楽しみな所ではあります。

アトピーと結婚

今の旦那さんと出会ったのは脱ステ3年目のこと。お付き合いを始めたのが脱ステ4年目のこと。

付き合い始めから、1番にアトピーと脱ステのことを伝えた気がします。

アトピーが嫌な男性もいると思うので、早目に伝えなきゃって思ったんです。(まぁ見れば肌が弱いことくらい分かると思うんですけどね。)

でも旦那さんは、「アトピーは気にならない」と。

本当に救われた気持ちがしました。

脱ステ4年目のその年に結婚しました。

脱ステなんて、普通の人は理解出来ないことだと思うのに応援してくれましたし、これまた普通の人なら ビックリモモの木?!みたいな治療法まで理解してくれて…

これまた一緒に調べてくれて、赤ちゃんが出来た今も この治療法に付き合ってくれています。

とまぁ旦那さんについてペラペラと語ってしまいましたが、ここからが本題の妊娠です。

アトピーと妊娠と出産

妊娠が発覚した時から、ずーっと頭にチラついていたのが『アトピーの遺伝』

そう、子どもにだけは同じ思いをさせたくなかったのです。

でもこればかりはどうしようもないこと。

「赤ちゃんアトピーだったらどうしよう…」そう何度も口にしていました。

因みに、妊娠中のアトピーの様子はこちらにまとめています。

脱ステ中に妊娠したら、アトピーは悪化する?きれいになる?出産後のアトピーは?脱ステ6年のママの場合

 

そして、出産後!

結論から言うと、ツルツルの肌のキレイなキレイな子が生まれたのです(感動)

むしろ他の子よりも肌が強く、皆にビックリされるほどです。

汗をたくさんかいた夏も、汗疹ひとつ出来ず。お尻もかぶれたことは一度もありません。

「アトピーは必ずしも遺伝しないんだ!!」と喜ぶと同時に、脱ステをあの時に踏み切ったことは間違いじゃなかった!と感じました。

その時は結婚の予定もなく、子どもを出産するなど夢にも思っていませんでした。

でも、あの時に友人が言った一言が思い出されます。

「子どもを産むのは脱ステして5年してからがいいよ。そうしたらステロイドは抜けているから。」

そしてその友人に、化粧水やシャンプー、ボディーソープにヘアワックス、ファンデーションなど、体に使うものは全てオーガニックのものに変えるよう勧められました。

早く良くなりたい一心で、全てを自然のものに変えました。

あの時から今に至るまで、それは続けています。

つまり!この6年間は経皮毒(肌や頭皮から入る添加物など)はほぼゼロだということになり、そうした毒が溜まりやすい子宮もクリーンだったのかな…?と感じています。

でもでも、どんなに気をつけていてもやはり遺伝する時は遺伝するもの。

もし次に生まれる子どもがいたとして、その子がアトピーではない!という自信は私には全くありません。

遺伝する確率とかありますが、それが絶対ではなくて、色んな要素が合わさった時に遺伝するのは仕方ないこと。

もし子どもがアトピーで悩んでいるママがいたら、こちらも目を通してみて欲しいです。

アトピーの子どもにしてあげられること。その対策と、大切な心のケア|親がアトピーでない場合でも。

●まとめ●

アトピーは子どもに絶対に遺伝する訳ではないです。

でも、妊娠や出産の前に出来る対策はしてあげたいですよね。

ステロイドの使用については、よく考えることをオススメします。

日常生活では出来るだけ、自然のものを使用しましょう。

それでも、遺伝したからと言って自分を責めるのはやめましょう。どうしても遺伝することはあります。

私も、もし仮に2人目を妊娠したとして、やっぱり遺伝していないかとまた気を揉むハズです。遺伝するかもしれないのです。

でも涙や努力は無駄にはならない!!と信じています。

全てのアトピーママさん、頑張りましょうね。

アトピーのママにオススメしたいサプリメントがこの『アレルナイトプラス』

詳しく記事にまとめています。

脱ステの味方!手湿疹、関節アトピー|アレルナイトプラスを飲んで約半年続けた経過をお見せします。

【アレルナイトプラス】効果ある?口コミは?飲んだら凄かったよ!アトピー、手湿疹、便秘、鼻炎に。激安購入法は?

参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

asapon

四国在住、30歳で第一子を出産した新米ママ。 アトピーを持っていまして、現在脱ステ7年目(ステロイドをやめる治療法)中です☆アトピーはすっかりキレイになりました! 妊娠から出産、育児、アトピーについての情報を主に発信しています。