AMPとは何?話題のモバイル表示高速化と導入するべきかについて初心者向けに解説します。

最近グーグルでは、モバイルユーザビリティを重視しています。

つまりスマホとかの端末が増えてきてるんで、そうしたモバイルの使い勝手にも力を入れまっせ〜と言っているわけです。(関西弁かどうかは分かりませんが)

それでですね〜グーグルさんは、

「あなたのサイトやブログも早いことAMP化しなはれや〜」

と促してくださってはるわけです。
ありがたいですねー!本当に。フウ。

ということで今回はこのAMPとやらを導入してみたんですが、「まぁーすったもんだがありました」ので、AMPとは何ぞやという事をお伝えいたします。

AMPとは

AMP(Accelerated Mobile Pages)とはGoogleとTwitterで共同開発して、
モバイル端末でウェブページを高速表示するためのプロジェクトなんだとか。

要はスマホで見るときサクサク高速で見えまっせって事。

ここだけ聞くと、
「そりゃいいやん!」
と思います。

なぜなら我々ネットユーザーは、みんな気が短くて苛立ちんぼさんが多いですからね。

読み込みに時間がかかると、
「んあああああ!もうええわ次!」

ってなって、すぐにページを離れますよね!

グーグルからすれば検索ユーザーさんが使い勝手が良く、気持ちのいいネット生活を送ってもらいたいでしょうから、モバイル表示の高速化は当然考えられる事なのです。

しかしAMP化の問題点もあります。

【AMP化失敗!元に戻したけどエラーが出る…】こちらの記事をどうぞ

そもそもAMPすると何で早くなるんかと言う点ですが、AMPはGoogleやTwitter側でキャッシュすることで、読み込む分の時間を大幅に削減する仕組みとなっています。

んー、つまり分かりやすく言うと…

普通はクリックしたらページをサーバーまで読み込みにいってから表示するんだけど、
そうしないでGoogle側で情報をすでに読み込んでおいて、サーバーまで行く手間を省いてパっと表示させるのだ。

(あるサイトを見ると、次からは素早くそのサイトを見る事が出来るのも、サイトを見たユーザーの情報がキャッシュされているから早くなるもんね。)

なんか長くなったけど、一言で言うと
スマホなどのモバイルでのサイト閲覧が早くなってストレス無くなるよって話です。

AMPってどうやってやるの?

私の場合ワードプレスなのですが、ブログのAMP化をするのはとても簡単でした。

ワードプレスのプラグインで
AMP for WordPress
というプラグインを入れて有効化するだけ!

すると一気にではなく、徐々にAMP化されていきます。(1ページ単位でAMP化が進んで行くので、全部の記事が一瞬で変わるわけではない)

「ままいろは」の場合1日で全体の約330ページのうち、3分の1の110ページくらいがAMP化されてました。

AMP化された記事にはURLの最後に/amp/とついています。

例えば当ブログ「ままいろは」の、【赤が好きな人の性格】の記事の場合、

通常
mama-iroha.com/akairo-suki-seikaku/

AMP化
mama-iroha.com/akairo-suki-seikaku/amp/

となっているはずです。(赤字部分が付け加わっています)

さらに検索した時には、雷みたいなマークがついてAMPと書かれています。

記事がAMP化されるとどうなる?

さて巷ではAMP化されると読み込みが早くなるところだけがクローズアップされていますが、実際にAMP化してみるとどうなるのでしょうか?

ここからは実際にAMP化してみたからこそ見えてきた様々な課題をお伝えしましょう。

記事がAMP化されると確かに読み込みは早くなっています。

でもなんか様子がおかしいぞ・・・

表示された記事を見て愕然としました。

何とコンテンツのデザインや広告などが大幅に変わっているのです!!

文字の種類も楷書みたいな文字になってしまい、不気味なブログみたいになってしまいました。(画像残しとけばよかった・・・)

いくら高速化しても、こんなん使いもんにならんで…っていうのが正直な感想です。

しかもアドセンス広告を上手く読み込んでくれず、表示されてないため大幅な収益ダウン。

という事で、あえなくAMP化は断念しました。

詳しい人なら対処のしようもあるのでしょうが、ただでさえ知識もなく時間もない子育てサラリーマンと、カリカリ妻(美人スレンダー妻)の二人が運営しているブログでは太刀打ちできません。

というわけで元に戻したのですが・・・

まだまだこの話には続きがあるのでした。後日公開しますね。

AMP化は慎重に

AMPに見事失敗してしまった私旦那!

ブログの収益で大損こいてしまうだけでなく、一日中嫁の奴隷になるという訳のわからない制裁を加えられ身も心もボロボロに…。

あーくそーGoogleさぁーんそりゃねーぜ!
言われた通りにやったのにー!

…と言う訳で、ブログのAMP化は慎重に考慮した方が良いと思います。

もちろんモバイル表示高速化の波は押し寄せており、いずれはAMP化していないと検索順位にも影響を及ぼす事でしょう。
何より自分のブログだけ遅いのでは話になりません。

しかし、AMPを施した事例がまだまだ少ない今の状況で慌ててAMP化する必要も無いかと思われます。

GoogleもAMP化を導入してまだ日が浅く、技術が確立されていませんので、様々な不具合が出尽くし対策がなされてからAMP化に踏み切ってもいいでしょう。

●まとめ●

グーグルに言われるがままに安易にやってしまったAMP化。

その結果大変な事態に巻きこまれたもんです。

いずれはAMP化も必須になるのかもしれませんが、初心者は慌ててAMP化するのも危険です。

サイトをいじるのはくれぐれも慎重になる必要がある、という事を学んだ1日でした。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

asapon

四国在住、30歳で第一子を出産した新米ママ。 アトピーを持っていまして、現在脱ステ7年目(ステロイドをやめる治療法)中です☆アトピーはすっかりキレイになりました! 妊娠から出産、育児、アトピーについての情報を主に発信しています。