2歳児なのにスマホの扱いがヤバい!勝手に使いこなすなやー!

いや〜最近の赤ちゃんってすごいですねー。

何がすごいって、2歳ですでにスマホを使いこなしてますもん!
 
子どもであれば「スマホは中学校に入ってから」とか、「高校生になってからでないとダメ」って言われて親と喧嘩したりする事ってありますよね。
 
それに比べてうちの息子ちゃん、まだ2歳だと言うのにもうスマホ使いこなしてるんですけど・・・。
 
そんな2歳児がスマホを使いこなすようになった経緯や様子をご紹介します。
 

2歳児のスマホ操作

 
 
現在何が出来るかと言いますと…
立ち上げのパスワードはさすがにまだ分かってないみたいなんですが(あ!でも、ばあばの超簡単な暗証番号は覚えている…。)
 
とにかくスマホを開いてあげると、後は観光地の猿並みに親からスマホを奪って自分でいじくり出します。

まず息子が開くのはスマホの写真フォルダ!

画像や動画をスクロールして、お気に入りのものをタップし再生していきます。
 
最近はどうもナルシストらしく、自分の映った写真や動画を延々と見ています。
 
お気に入りは旅行に行った時の動画や、公園で遊んでいる動画、とにかく自分が楽しんでいる姿。
 
面白いのが、動画の中で自分が笑っている部分は客観的に見ても面白いらしく何度もゲラゲラ言いながら笑っています。
 
そして動画が終われば再び再生をタップし、延々同じ動画を見ていますね。
 
また気に入った写真が見つからない時、次々とスクロールする姿は現代の女子高生ばりに素早い動きです。次々と写真をめくっていきます。

お次は幼児向けアプリ

幼児向けアプリは結構充実していて色んなものがあります。
大人でも結構ハマるものも。
 
2歳の息子ちゃん。そんなお気に入りのアプリは、もちろんホーム画面のどこにあるかを記憶されているようで、サササッとそのアプリを見つけ出しタップします。
 
そしてタップすれば動物のスタンプが押せるアプリでひたすらスタンプを押しまくったり、お絵かきできるアプリでゾウやライオンを描いていきます。
 
またトイレトレーニング用に、便器の中をタップするとウ〇コが現れ、タップした回数分便器の中がウン〇だらけになり、最後に水で流す…という極めて気持ちいいアプリもあります。
(食事中の方、すいません)
 
キャッキャッと言いながらスマホで遊ぶ姿はどこか微笑ましいのですが・・・。

お次はYouTube!

これにハマってるんですよねー!
 
まずはトーマスプラレールの動画。
 
なんか、トーマスプラレールで最後に正面衝突とか脱線事故をわざと起こす動画を見てから、家でもずっーとその真似をするようになり困っています。
 
それはさておき、YouTubeの扱いも慣れたもので、再生しながらも次の動画をスクロールしどんどんタップしていきます。
 
また最近は早送りの仕方も分かったらしく、ドンドン早送りしては新しい動画をスクロールしてタップし、また早送り。
 
なんか依存症みたいになってるし、イライラした子になるんじゃないかと(現にメチャイラついてますしね)そこは少し心配しています。
 

スマホを使いこなすようになった経緯

 
 
小さい頃から泣き止まなくなった時に見せていたスマホの動画。
 
これ超便利なんですよね。
 
ピタッと泣き止んでくれたり、買い物してる時も黙って見てくれたりします。
 
始めは泣き止まない時とか、決まった時だけ見せようと決めていたのですが、いつのまにかズルズルと見るようになってしまいました。
 
やはり子どもの好奇心というのは手強いですね。
 
今となってはスマホを見せるとスイッチが入って癇癪を起こすので大変です。

スマホの危険

 
 
小さい子どもには、やはりスマホはお勧めできません。
 
一つには、スマホを長時間見る子は社交性に欠けるようになるからです。
 
そのような子は人と関わることが苦手になっていき、自分の世界にはまり込んでいきやすくなるためコミュニケーションが取れなくなります。
 
すると将来、対人関係で問題を抱えやすくなるでしょう。
 
またスマホをしている時の脳波を調べると偏ったところしか活性化していない為、脳の発育にも良くないようです。
 
うちの息子も出来るだけスマホは触らせないでおこうと思うのですが、それでも結構見てしまっていますね。
 
子どもがスマホに集中し過ぎている時は取り上げると泣き喚いて大変ですので、出来るだけ一緒に見て話しかけるようにしています。
 
またトーマスプラレールなんかよりも、動物など自然の動画を見せるようにもし、「ライオンさんお昼寝してるね〜」とか、「カバさん歯磨き上手だね」などと話しかけるようにしています。
 
【関連記事はこちら】
 
 

●まとめ●

 
子どもの記憶ってすごいですね。
一回見ただけで親の真似をして色々操作したりするようになります。
 
スマホも便利なんですけど、やはり子どものうちから使うとなると、かなり親の目は光らせておいた方がいいと思います。
 
使用時間や内容などは常に把握しておかないと危険です。
 
またスマホにのめり込み過ぎないよう注意してあげましょう。
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

asapon

四国在住、30歳で第一子を出産した新米ママ。 アトピーを持っていまして、現在脱ステ7年目(ステロイドをやめる治療法)中です☆アトピーはすっかりキレイになりました! 妊娠から出産、育児、アトピーについての情報を主に発信しています。