2歳5カ月、お昼寝は何時間必要?何時までに寝れば良いの?家や保育園でのお昼寝の様子。

2歳5カ月ともなると体力もついてきて、お昼寝よりまだまだ遊びたいというお子さんも多いでしょう。

昼寝の時間はどれくらいなのか?何時までに寝れば良いのか?悩むこともあるのではないでしょうか。

現在2歳5カ月の息子の、家や保育園でのお昼寝の様子をお伝えします。

2歳5カ月、お昼寝は何時間必要?

2歳も半ばになってくると、出来ることも増えたり少しづつお兄ちゃんお姉ちゃんらしくなってきますね。

とは言え、まだまだお昼寝は必要な時期であると言えます。

1歳〜2歳児が1日のうちで必要な睡眠時間は、11時間〜14時間。

なかなか夜中にぶっ通しで11〜14時間寝てくれる子どもは少ないでしょう。

息子の場合も大体21時頃に眠りについて、起床するのが7時頃。

つまり夜の睡眠時間は10時間となり、昼寝で1時間〜3時間補う必要があります。

 

お昼寝の効果

と、ここで『子どものお昼寝の効果』について取り上げたいと思います。

昔からよく「寝る子は育つ」と言いますよね。昔の人の言うことはやはり正しいものが多く、これも本当であると言えます。

①体力の回復

子どもの体力を回復させるのにお昼寝は大切な役割があります。

2歳児にとっては、起きている時に経験すること全てを吸収しています。

また走ったり運動したりすることも増えて、体に疲れがしっかりと溜まるようになります。

お昼寝をすることで疲れた脳や体を休ませてあげると、また再び元気になって遊び回ることができます。

②夜の睡眠時間など、生活リズムを整える

毎日同じ時間にお昼寝をすると、生活リズムが出来上がります。

夜も同じ時間に眠たくなり、すぐに寝付く事が出来ます。

反対にお昼寝を全くしないなら、夕方や夜の早い時間に眠たくなってしまいます。

そのまま寝てしまったり、最悪変な時間に起きて次は真夜中まで寝付けないということもあるでしょう。

また、お昼寝は脳や体をしっかりと休め興奮を沈める効果もあります。

子どもって眠たくなると、グズったりテンションがおかしくなりますよね。

お昼寝する時間がなくて、そんな興奮状態が続いてしまうと…夜寝る時もしばらくグズったりして寝つきの悪さに悩まされてしまうこともあるでしょう。

じゃあ何時までに寝れば良いの?

先程お昼寝は1時間〜3時間が理想であると書きました。

夜の寝つきに影響を出さないためには、

15時頃までには起こしておきましょう!

とすると、逆算して…

3時間たっぷりお昼寝する子どもは12時、

大体2時間くらいかな?って子どもは13時、

うちの子1時間しか寝てくれなくて…というお子さんなら14時迄には眠りにつけると良いですね。

2歳5カ月息子の、家や保育園でのお昼寝の様子

家の場合

2歳を過ぎると体力もついてお昼寝させるのが大変…という声も聞きますが、

息子は家でのお昼寝は丸々2時間!よく寝る方なのかな〜と思います。

夜が10時間〜11時間寝ていますので、お昼寝を足すと1日の睡眠時間は12時間〜13時間。

平均的ですね。

家でお昼寝する時間は、大体13時〜15時です。

あまりに疲れ過ぎると午前11時くらいから寝てしまうこともあり、そうなるとリズムが狂ってしまい夕方には少しグズグズが始まります。

やはり理想は13時には眠りにつくことです。

「お昼寝するよ〜」と言うと「寝るのイヤ!起きる〜」とは言いますが、やはり眠たいらしく(笑)

抱っこしてうとうとし出し、ベッドに運ぶとそのままグッスリです。

 

保育園での場合

息子は一時保育に通っているのですが、そこでの生活リズムが早め早めなんですね〜。

お昼ご飯が11時(早っ!!ってビックリしましたが、保育園では普通なのでしょうか。)

お昼寝が大体11時45分くらいから。

でも午前にしっかり外遊びをしているし、保育園で神経も使っているのでしょう。

その時間には眠りにつけているようです。

しかーし!記録ノートを見ていると…

早い時で30分程しか寝れていなかったり、長くて1時間くらいのお昼寝時間。

一人っ子の息子は、ザワザワしたり誰かが泣いていたりすると目を覚ましてしまうみたいです。

なので保育園に行った日は夜に眠る時間がいつも早目。

20時過ぎにベッドにゴロンすることもあります。

でも1週間のうち1日だけなので、またリズムを取り戻してくれます。

●まとめ●

2歳も半ばになると、お昼寝について悩むことも増えますね。

まとめると…

●体力の回復や生活リズムを整えるためにもお昼寝は必要!(2歳児は1日の睡眠時間が11〜14時間必要)

●夜の寝つきをスムーズにするため15時頃までには起こしておく!

これが大切です。

お昼寝には日中受けた刺激や興奮を沈める働きもありますので、是非お昼寝をさせてあげましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

asapon

四国在住、30歳で第一子を出産した新米ママ。 アトピーを持っていまして、現在脱ステ7年目(ステロイドをやめる治療法)中です☆アトピーはすっかりキレイになりました! 妊娠から出産、育児、アトピーについての情報を主に発信しています。