2歳10ヶ月のパパ嫌いが激しい!どんな様子かをお伝えします。

現在2歳10ヶ月の息子を持つ私旦那は、アラフォーサラリーマンとして日々家族のために働いております。

社会のストレスなんて、家に帰ってからの息子の「おかえりパパ」の一言で吹っ飛ぶものと思っていました。
 
ついこの間まで・・・
 
現在2歳10ヶ月の息子のひどいパパ嫌いの様子や、息子のコメントをご紹介します。

2歳10ヶ月、息子のパパ嫌いの様子

 
これまでも何度か息子のパパ嫌いの様子を記事にしてきました。
 
 
 
 
で、結論から言えば・・今が最も過酷です。
 
まだまだ小さかった頃は、パパが近づくとよく泣くなぁとか、何となく顔が嫌がっている‥程度でした。
「パパ嫌い?そんなはずはないさ!」と自分に言い聞かせる事も出来ました。
 
育児中のママに愛情の主導権を握られるのも悔しいので、あくまでも『息子は対等にパパの事も好きだぜー』とアピールする事も出来ました。
 
ところが!喋れるようになると形勢がだんだん悪くなってきます。
 
「パパ嫌い」
 
と言葉ではっきりと言う様になったのです。
 
こうなるとこれまで築いてきたパパのメンツ、地位、立場全ては崩壊し奈落の底に突き落とされました。
 
現在では嫁に軽くあしらわれ、息子には手玉に取られる始末。
 
しかも現在では、2歳10ヶ月の息子の言葉の暴力がマジ半端ないんでご紹介しましょう。

2歳10ヶ月 息子のパパ嫌い語録

「パパあっち行って」

息子がひとりで遊んでいる時、ママといる時などは必ずパパに言うセリフです。
 
息子のテリトリーに一歩でも入ろうものなら、「パパあっち行って」と言われ、その後はずっとパパの動向を監視しています。
 
その後は何をやってもダメ。
 
大人しく別の部屋に移動した方が良さそうです。

「パパ一人ぼっち(ゲラゲラ)」

これはパパが会社に行く時に必ず投げかけてくる言葉です。
 
(もうパパが居なくなる、ママと2人きりだぜー!わーい。)
と言う意味が込められています。
 
「パパ、また一人ぼっち」と言いながらママと笑っているという、何とも心無い状況が続いています。

会社から帰宅するなり「パパまた会社行って」

12時間以上も離れ離れになって、やっと息子に会える!!と胸を弾ませながら帰宅すると投げかけられた言葉。
 
これはあまりにも悲しかった(泣)
あんたはパパが帰ってきて嬉しく無いんかい。
 
とても切ない日々を送っています。

「パパ来たらダメ」

出ましたパパダメシリーズ。
 
「パパ来たらダメ」の『来たら』と言う部分には様々な動詞が入る事になります。
 
パパ食べたらダメ、パパ見たらダメ、パパ遊んだらダメ・・・などです。

2歳10ヶ月の息子のパパ嫌いに打つ手なし

 
どうしても焦って息子との関係を取り戻そうとしてしまいますが、すればするほど悪化します。
 
息子が「パパ嫌」「あっち行って」「パパダメ」などと言ってきた場合には、激しく泣き真似をしてみた事もあります。
 
でも息子には全く通用しません。
 
激しく泣くパパを見てケラケラしているのですから。
 
無理矢理遊ぼうとしてみたりもしましたが、火に油を注ぐだけで、いよいよ激しく拒絶されます。

「3歳までパパ嫌い」

 
最近嫌なことを「3歳になったらする」と言って先延ばしにするようになりました。
 
例えばトイトレをしようとすると、「まだ2歳やけんやらん。3歳になったらお兄ちゃんパンツ履く!」と言います。
 
そして・・・
 
ママが「パパ可哀想でしょ。仲良くしなさい!」と怒ると、
 
「3歳になったらパパと仲良くする」
 
と言うのです。
 
おそらく3歳になったら4歳まで遊んでくれないのでしょう。ぐすん。

●まとめ●

2歳10ヶ月の息子のパパ嫌いはますます進んでいる様です。
 
しかしパパが居ない時などはパパを探したり、パパの話をしてくれている様なので、本当はパパの事が好きなようです。(そうであって欲しい)
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

asapon

四国在住、30歳で第一子を出産した新米ママ。 アトピーを持っていまして、現在脱ステ7年目(ステロイドをやめる治療法)中です☆アトピーはすっかりキレイになりました! 妊娠から出産、育児、アトピーについての情報を主に発信しています。