0歳児|天才脳を作るために赤ちゃんにできる事!|聴覚・視覚・前頭前野編

産まれてすぐの赤ちゃんも、実は様々な能力をすでに備えています!

例えば、生まれた日からお母さんの声を既に知っていて 聞き分けています。

また、空腹や不快感には泣いて訴えることもできます。

自然とおっぱいを飲むための能力や、味覚もすでに備えています。

こうした能力をさらに引き伸ばして上げるには、親がサポートしてあげる必要があります(*^^*)

聴覚を鍛える。行動前の声かけ

赤ちゃんは聞こえてくる言葉の意味はもちろん理解していませんが、すでに脳の中では発達を始めています。
この時期にママが声をかけ働きかけることによって、赤ちゃんの予測する力を鍛えることができます。

赤ちゃんに授乳したり、オムツ替え、散歩に出かける時など、

何か行動する前に必ず赤ちゃんに哺乳瓶やおむつ、帽子などを見せて、「〇〇ちゃんこれから〇〇するね」と声をかけます。

必ず最初に名前を呼んであげましょう。これを何度も繰り返していきます。

哺乳瓶やオムツなどが、視覚や聴覚といった複数の回路でつながり、これからお母さんが何をするかを覚えます。

生まれてすぐの段階から声をかけていくようにすると、働く神経細胞の数が増えてきます。

赤ちゃんへの声かけは、赤ちゃんの脳への働きかけなのです。

参照:天才脳を作る0歳教育 久保田競・カヨ子

黙って黙々と赤ちゃんのお世話をすると、せっかくの赤ちゃんの脳を発達させる機会を逃してしまうんですね〜( ; _ ; )/

赤ちゃんにいっぱい話しかけた方がいいのは、こういう理由があるからなんですね!

繰り返し繰り返し同じ言葉をかけてあげることで、脳の神経回路が強化されていきます。

そう考えるとお母さんの声かけって本当に偉大です(^ ^)♡

視覚の訓練!じっと見つめるトレーニング

生まれたばかりの赤ちゃんに目を合わせようとしても、なかなかうまくいかないですよね。

普通なら、まだ見えていないのか…とここであきらめてしまうもの。

でもこの時期から赤ちゃんの視覚を鍛えることができるみたいですよ。

生まれたばかりの赤ちゃんも目は見えていますので、網膜を刺激するトレーニングは始めるべきです。

最初の刺激はお母さんの顔です。

30センチほど離して赤ちゃんと向き合い、「ママですよ」と声をかけて目と目を合わせるようにします。

赤ちゃんが両方の目でじっと見つめたら成功です。

これを3から5回繰り返します。

赤ちゃんの視野は上下左右50度ほどしかありませんので、正面でものを見せるようにします。

見つめるトレーニングによって、目・視神経・視覚野を働かせることが大切です。

もちろん何もしなくても赤ちゃんはいずれ目が見えるようになっていきます。でも訓練するなら赤ちゃんの能力をもっと飛躍的に伸ばすことができるのですね。

何事も意味があり、訓練次第で能力を伸ばせるというのはこの時から始まっています(o^^o)

オムツ替えは絶好のチャンス!

1日に何度も変えなくてはならないオムツ。

めんどくさいし汚いので、あまり喜ばしい作業では無いかもしれませんね。

でもこのおむつ替えの時間は、実は脳の成長にとってチャンスなんです(๑˃̵ᴗ˂̵)

汚れたオムツはなるべく早く変えるようにしましょう。

「〇〇ちゃんおむつを変えましょうね!」と声をかけ、終わったら必ず「気持ちよくなったね。」と声をかけます。

そして両手の平でお腹や足をさすって、刺激を加えながら褒めてあげます。

こうすることで赤ちゃんは、オムツ替えが気持ちいいものだ!という感覚を覚えるのです。

人間はご褒美が与えられると脳から快感が生まれ、脳の広い部分が働くようになります。

赤ちゃんはオムツ替えの度に気持ち良さを覚え、その度に前頭前野が刺激されるようになっていくのです。

もしオムツが汚れてもそのままにしておくと、赤ちゃんはそれに慣れてしまい段々と声を発さなくなるようです。

確かにオムツ替えの時って赤ちゃんはグズりますし、親も忙しいとついつい後回しになりがちかもしれません。

でもオムツ替えは、脳の発達には絶好のチャンスであると言うことを覚えておくと、また違った意識でオムツ替えができるかもしれませんね(*^^*)

●まとめ●

この頃の知育教育は、声かけや見つめる事、オムツを替えるなど、ちょっとした意識ですぐ出来るものばかりです(o^^o)

脳にとってどういう働きがあるのか、意味のあることなのか…という事をママが知っているだけで、育児のストレスも随分変わってくるのではないでしょうか˚✧₊⁎

是非明日から取り入れてみてくださいね♪

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

asapon

四国在住、30歳で第一子を出産した新米ママ。 アトピーを持っていまして、現在脱ステ7年目(ステロイドをやめる治療法)中です☆アトピーはすっかりキレイになりました! 妊娠から出産、育児、アトピーについての情報を主に発信しています。